アクセスカウンタ

<<  2017年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
クリスマスツリー星団2017
クリスマスツリー星団2017 クリスマスツリー星団は主鏡低倍率で視野いっぱいのまばらな星。 ツリーの形に繋がるとこれか! と妙になっとく。 でも逆像じゃないと、ベルの(スズランぽい)形のほうがしっくりくるけど(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/12/24 16:05
穏やかな冬至の夜。こぐま座流星群の夜。
穏やかな冬至の夜。こぐま座流星群の夜。 冬至の穏やかなで静かな夜。 星空は回る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 12:52
ふたご座流星群2017
ふたご座流星群2017 今年のふたご座流星群の極大は昼間だっため、極大前夜の12/13-14が数が多め、極大後の12/14-15は数は減るけど明るい流星が多く見られる予想どおりの出現でした。14日は火球クラスが多く見ごたえがありました。 ふたご群にあわせたように寒波襲来で、しぶんぎ群かよと思う寒さ。 特に13日は-4°+北風で体感気温は-10°近くと見るには厳しい環境。 風が冷たすぎで見てられないので視界の悪いけど建物の影で見てました。 翌14日は−2°でしたが風が弱く寒さも和らぎ流星日和。 ただモヤがあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 23:52
ふたご座流星群2017.12/14
ふたご座流星群2017.12/14 前日に引き続いて流星見物や撮影者が星見広場に。 ただ真冬のこの時期なので30分〜1時間程度で切り上げてました。 ふたご群も天文ファン以外にもメジャーになったのね。 −2°でしたが風が弱く寒さも和らぎ流星日和でした(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 01:26
昨夜のふたご座流星群。
昨夜のふたご座流星群。 昨夜のふたご座流星群です。 夜半前は風花もちらついてましたが晴れました。 火球めいたものも何個か見れ、 天文台も見物&撮影で賑わいました。 -4°に北風で体感気温は-10°近くと見るには厳しい環境。 軽装でこられた方も・・・。 冬の天体観測はしっかり防寒しないと辛いだけですよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 16:06
青空の中のレグレス食(2017/12/09)
青空の中のレグレス食(2017/12/09) 準備不足でレグレス食写せず ノイズとレグレス見間違うし・・・・。 まあ、潜入見れただけいいか(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/09 13:14
2018年のスターウォッチング。藤井 旭の天文年鑑
2018年のスターウォッチング。藤井 旭の天文年鑑 藤井 旭の天文年鑑 2018年版: スターウォッチング完全ガイド誠文堂新光社 藤井 旭 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 00:58
平地でも初雪(福島県南)。冬期情報。
平地でも初雪(福島県南)。冬期情報。 平地でも初雪(福島県南)です。 標高700mの鹿角平では例年通り、11月中旬に初雪。下旬に積雪でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/08 18:41
日没が一番早い日。
日没が一番早い日。 福島県南の日没は16:25分。山があるので更に早い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/08 11:37
スーパームーンとグリーンフラッシュ?
スーパームーンとグリーンフラッシュ? 12/4の0時半頃」にスーパームーン(最近の満月)となりました。 その月の出にグリーンフラッシュ(月の上の⇒の緑色の部分)? まさか盆地で見れるとは思わなかった。 見たものは幸せになるそうだけど効力は今年中だろうか(^^; ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/12/04 12:13
明日はスーパームーン
明日はスーパームーン 今日の月の出。赤っぽい帯(ビーナスベルト)の下(地球影)に入ったら満月。 冬の澄んだ空なのでこれらもよく見えるのでこれも注目ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/12/02 20:41
NGC 2158
NGC 2158 M35とペアの散開星団と言ったほうがわかりやすい(^^; 撮影観望会で星団の候補をいろいろ探していたうちの一つ。 主鏡35cm f=2100 F6 30秒露出で満足してもらう+ライブビューでピントをあわせるのに星が何個か見える6〜7等の星が写角内にあるのが条件だから結構難しい。 参加者全員がAPSサイズだったので、M35がはみだしすぎだったのでET星団にしたけど、写真だとオレンジの星が多くて、M35との対比が美しいんだけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 13:28

<<  2017年12月のブログ記事  >> 

トップへ

鹿角平天文台通信 2017年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる