七夕

画像

7月7日 21時ごろの空。
南東の空低くく巨光を放つ木星。新暦の七夕だと彦星がまだ低くく見栄えがしない(笑)
 梅雨時だしね。

7月7日は新暦の七夕でした。ちゃんと星が見えたのは何年ぶりだろう? この辺だと月遅れの七夕が主流です。なお今年の伝統的七夕は8月7日です。なんで旧暦の七夕にこだわるかというと、月の船(半月)が天の川を渡る日で、7月7日の意味がちゃんとわかるからです。
詳しくは「七夕はいつ?」を参照ください。

「七夕ライトダウン」キャンペーンもおこなわれたようですが、サミット向けのポーズでなく今年だけでなく毎年実施してもらいたい。できたら伝統的七夕に合わせてほしいけど(^^; ついでに翌日を祝日にして、心ゆくまで星空を楽しめる日に・・・・。

「七夕ライトダウン」は首相会見詳報の七夕の日を『クールアース・デー』によるものですが、この中にはサマータイム制度にふれていますが、その弊害にはふれていません。
日本公開天文台協会はこのサマータイム制度の導入に反対する声明を発表しています。
http://www.nayoro-startv.jp/japos/riji/200806-daylight-time.htm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 七夕

    Excerpt: 七夕でした。久しぶりに晴れた新暦の七夕。町外れまで走ってとりあえず記念写真。なんとか天の川も見えました。どれがどの星なのかは、天文台通信で(笑) たんぼの蛍もこの辺でもやっと出始めました。でもあ.. Weblog: ぴんぼけ日記 racked: 2008-07-08 01:38