春霞の空に鹿林(ルーリン)彗星(2/5)

画像

09.2/5 5h miniBORG60ED+EOSKIssX2 6分 ISO800 

今日は天気は安定して、じっくり見れるのはいいけど春霞の空(^^;
8cm双眼鏡で見ると、数度の尾が見えた。視野をブラさないと見えないほどの淡さ。
高度が違うけどM4より明るく大きくなっていた。

画像

09.2/5 4h半 主鏡+EOSKIssX2 3分 ISO800 
主鏡で見ると空の影響なのか、昨日とは見え方がかなり違う。昨日よりつや(輝き)がなく、紡鐘型だった頭部は丸っこいだけで、伸びていた尾は見えない。少し頭部が大きくなったけど、淡くなった印象だ。9日が満月(半影月食がありますよ)なので、そろそろ明け方の鹿林彗星も終了。次に見るのは下弦の頃かな? どこまで明るくなっているか期待して月が小さくなるのを待とう(^^;

画像


上画像を強調。見てるときは気がつかなかったけど小さな銀河が何個も写っている。ステライメージで見ると頭部内にも銀河があるらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山本
2009年02月05日 16:31
今朝方見ましたよ、ルーリン彗星。
ボケボケの透明度でM13より一回りデカイか
と感じるだけで、5等級の彗星には遠い感じ
でした。2月の空じゃないですね。
やまのん
2009年02月05日 23:15
5等級ならこんなもんかな。全体光度だし。
でも肉眼じゃまだ見えませんけどね(^^;
昼間も暖かだったし、2月の空じゃないのが
気になります。中旬以降はどうだろう?

この記事へのトラックバック