バレンタインのおとめ

画像

「昇るおとめ座」 2011.2/14 0h半頃 
 KissX3 11-16mm F2.8開放 10秒 ISO:1600


2月14日は女神ユノの祝日。
家庭と結婚の神でもあることからこの日になったのがバレンタインデーの起源・・・らしい(^^;
ユノは神の女王・・・つまりギリシア神話のヘーラー(ゼウスの嫉妬深い奥さんですね)。
女神ヘーラーだとなんとなく恋人たちのイベントっうイメージから遠いような(^^;

このユノの名を冠したのが4大小惑星の一つ小惑星ジュノー
※ユノは英語ジューノウ (Juno)、フランス語ではジュノン (Junon)。仮名表記でユノ、ユノー、ジュノーなど

バレンタインネタっうことで写ってないけどおとめ座にいる小惑星ジュノー(3)です(爆)
固定10秒じゃまだ無理でした。
この小惑星ジュノーは3月12日にしし座の足元付近で衝で明るくなる・・・と言っても8.9等で見つけるのは一苦労ですが(^^;
ちなみに衝の頃には近くの小惑星マッサリア(20)も同じくらいの明るさになります。しし座の足元を望遠で写せば一緒に写ります。ジュノは3月23日頃にしし座σ星、マッサリアは3月23日にτ星に近づくので、目印にして探し出してみてください。

画像

ステラナビゲータVer.9で作成。外枠が上の写真の画角。


ちなみにそのジュノーがいるおとめ座は夜半前に昇るようになってきました。
春の星座ですが地上はまだ雪景色
このおとめ座、形を結ぶのがけっこう難しい&全天で2番目に大きい星座・・・どこが乙女?
上の写真と見比べて結んでみてください。

とはいえ、一等星のスピカがよく目立つのでそこから伸びるY字型に結べば基本形はできあがり。
乙女の胸には銀河のネックレスやたくさんの銀河の群れがあることを知っておけばよいくらい・・・だと思う。
足元には観望の対象がないので、きちんとおとめ座を結んでみたことないかも(^^;
というか私の場合いつも大雑把(&解説も)ですが

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふわり
2011年02月15日 21:01
こんばんは~
へぇ~ と言う事がいっぱい ありがとうございます
やまのんさん ロマンチストですね
星を見る人は みんなそうかな?!
ジュノーは私が初めて知った小惑星の名前です~
1回は見てみたいですね
やまのん
2011年02月15日 22:16
今回はちょいと暗いですね。
ただ毎年 衝じゃないので
チャンスといえばチャンスです。
小惑星は1回だけみるのでは
面白くないよ。ただの点だし(^^;
やっぱ移動を確認しなくちゃ!

この記事へのトラックバック