鹿角平天文台通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 「宙のまにまに」 作品原画展&柏原麻実講演会

<<   作成日時 : 2011/08/23 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「宙のまにまに」の世界 〜作品原画展(8/28まで)&柏原麻実講演会を観に郡山市ふれあい科学館に行ってきました。
画像

原画展、講演会とも撮影禁止でこれしか写真はありません(^^;

原画展では、原画も美しかったんですが、作者撮影の星景写真も飾ってあって・・・比較明合成(参照→大量コンポしてみた)までしててビックリ。
展示してある機材がワイドビノだったりと天文ファンというより星空ファン・・・いや、星猛者だわwww。

講演会では、出だしこそキョドっていた感じでしたが、星の解説になるとプラネタリュウム解説の方と会話しながら進めていくので負担が減ったのか、口調も滑らかになり星空の魅力を伝えていたのが印象的でした。
子供の頃に満天の星空を見たのがきっかけで星猛者になったとのこと。
ちなみに一番好きな星座はかみのけ座だそうです。
最後は質問コーナで締め。質問したいこともあるけどシャイで無口な東北人の私には無理です(笑)

全体的に「宙のまにまに 天体観察「超」入門」の書評の時も書いたけど、ちょいと残念な半端な印象(講演会はこの本をベースにしたとのことで同じような印象になったのかな・・・)。
柏原麻実講演会とはなっているけど、知らない人の方が多いかもと遠慮した分だけ半端になった感じ。
まあ、その匙加減は難しいのだろうけど(^^;

柏原麻実講演会と銘打っているのだから、柏原ファンしか来てないだろうと言った場合は
「宙のまにまに」に偏って作中にでてくる星空を再現して作者が語るとか(夏編の星空解説をやってましたが、星空解説ではなく作品中の背景としての星空解説)や柏原流星座絵図を展開するとか(いるか座はやってました)・・・。

逆に柏原はだれだか知らないけれど漫画家が星空解説をしてるというので見に来た人を対象とした場合、
ペンタブレットを使って、星空を描いていくという方法も漫画家なら可能なんじゃないかなと思う。
プラネタリュウムの星空に生で星座絵をさらっと書けたら知ってっる人も知らない人もドヨメキがおきるのは間違いない。下手なら笑いが取れるし(笑)

画像

入り口で配ってた星空案内。コミックのカバー裏のイラストを再利用したものらしいけれど、柏原ファンにも知らないで見に来た人にも役に立つ漫画家らしい切り口の星空案内のしかただと思う。

とりあえずコミックは読んだことがあるので楽しめた講演会でした。

※曇天続きでネタ不足につき、ぴんぼけ日記からの短縮コピー記事です(^^;

→元記事http://yamanon.at.webry.info/201108/article_9.html






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「宙のまにまに」 作品原画展&柏原麻実講演会 鹿角平天文台通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる