北天の二つの彗星(41PとC/2015V2)

画像

2017/04/18 23:01
F2.8/60秒×5 ISO2000
minolta MD-ROKKOR 50mmF1.2
OMD-E-M5MarkII


41Pはりゅう座の頭の台形を形作る明るいβのそばで見つけやすい。
5cm双眼鏡で暗い光芒だが大きく広がっているので彗星だと分かる。
M92(6.5)とくらべても暗い。

C/2015V2は、5cm双眼鏡で微星と区別がつきにくい。たぶんこれだろうなという光芒。41Pよりは小さいけど微星状で明るく感じる。

画像

画像クリックでAstroArts/タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星が7等前後。



画像

東の空に天の川が昇っているけど微かに見える空。
下弦だし、桜星景も撮りたいし、双眼鏡級だし
とポタ赤と双眼鏡で今日もお気楽観望。
そろそろ望遠鏡で見ないと。

画像


翌日は望遠鏡でみたけどやはり大きな光芒。
主鏡で41Pはかなりの広がり。
8cm双眼鏡で一回りくらい違う光芒に見えた。
β星が近くて見づらい。
71FLでガイド撮影したけど光芒で尾があるかもという姿。
β星との色の対比が美しい。
ジョンソンは尾が伸びている。
5cm双で明るいと思ったら微星の間を通過してるのね。
彗星はよくわからない。昨日もこの微星を見間違えたのかも?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック