スマホ撮影台(改)

画像

画像左上=スマホレンズの位置を確認しマジックテープで止めてあるガイドレールを調整。
画像右上=スマホを左右にスライドさせて調整。なれないとうまくいれられないので、板の十字線が中央に写るようにしてゆっくりと近づけたほうがいいかも?
画像左下=アイピースのゴムにはまってるだけなので強く押すと傾きが変わります。最初に解説員がセンター出したらカップを強く押し込んで調整終了・・・撮影中に強く押されると角度が変わってしまう欠点あり(^^;
画像左下=発泡板とプラカップはパテで接着。カップは数センチにカット。アイピースのシール▲はiPhoneとかの位置。その隣は古いAndroidとかガラケーなど。ベスト位置がおもってるより違います。


少人数の申込者など混雑していな場合で月があるときに
観望会でスマホで月を撮る事があるので、
押し当てる平面ががあれば撮影が楽かなと、
こんななの作って撮ってみました。
携帯用望遠鏡ガイドアダプターの改良版。
前のはマスキングテープで板に固定だったけど
板を大きくしてタブレットにも対応。
スマホをスライドさせる方式に改良。
WL30mmはアイカップがねじ式なのでスマホとの間隔はこれで調整。
材料は100均でアイピースにピッタリのプラカップと発泡板。
これを接着してできあがり。
ついでにガイドレールをマジックテープで貼り付け。

画像

自分で撮る分には結果は上々。
訪台者に撮ってもらうと、月が写る位置(穴センター)をスマホを移動させのが意外と難しい。スマホを離して、板の十字線にゆっくり近づけたると明るい光(月)が見えてくるのでそのまま押し当てたほうが良さそうだった。
初めての人には難しいかもしれないけど
ちょっとは楽に撮影できるようになったかな?

画像

残念ながら昨夜は低空でピントが合わないほどボケボケ(^^;


ユニバーサルクリップアダプタ
アストロアーツ楽天市場店
スコープテック 製 天体望遠鏡で覗いた月面の画像をスマホで撮影できるようになる汎用のアダプタです。接


楽天市場 by ユニバーサルクリップアダプタ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


スマホ用の撮影ADではお勧め。
うちの天文台は2インチ&ハードアイカップの接眼ばかりで使えなけど(^^;
クリップ単品だけの発売もしたほうがいいかと(観望会などで次の人にとりつけてもらえるように)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック