2018年度(18年4月~19年3月)主な天文現象

画像

平成30年度(2018年4月~19年3月)主な天文現象。
カメラマークは、スマホやコンデジで撮りやすい現象。
目は肉眼で楽しめる現象。他は双眼鏡や望遠鏡でより楽しめる現象。


2018年

6月 木星が見頃
5月9日に衝(真夜中に南中し一晩中見える)。
6~7月が木星が天文台の観望時間(19時半~21時)に見頃。

7月 土星が見頃
6月27日に衝(真夜中に南中)で、7~8月が天文台では見頃。
昨秋に、環の開きが最大になったばかりで大きく開いた環が見もの。

7月28日 部分月食 03h24m~月没(鹿角平では皆既前に月没。皆既始:04h30m)

7月31日 火星大接近
火星が15年ぶりに大接近。この夏の主役! 肉眼でも南の空に赤い星が巨光を放つ。望遠鏡では前後1ヶ月程 は視直径20“を超えた大きな火星を観察できる。

8月12~13日未明 ペルセウス座流星群極大
月明かりがない好条件。極大は13日10時頃。
13日未明に40~50個/時程度、14日未明に30個/時程度の出現。

8月18日 金星東方最大離角(宵の明星が目立つ頃。9月21日に最大光度)
9月までの各月上旬に夕空での月との接近が楽しめる。

9月上旬 ジャコビニ・チンナー彗星(21P)見頃。肉眼光度に?
9月10日頃に地球に最接近(0.39天文単位)。旧ジャコビニ流星群の母天体。

12月上旬 ウィルタネン彗星が(46P)が見頃。肉眼で見れるかも?
12月16日に地球に最接近(0.078天文単位)。大きな光芒として見れる?

12月14~15日未明 ふたご座流星群極大。夜半から好条件!
上弦近い月がある。極大は14日21時頃。14日の夜は出現数は80個/時程度。13日の夜は40個/時程度

2019年

1月 6日 部分日食(10時ごろ最大:約4割ほど欠ける)
     ※日食メガネや太陽専用フィルターなどが必要。

2月19日 暁の空で金星・土星が大接近(1°強)


※特別観望会
GW・鮫川春祭り観望会
5月4日(金)/5日(土) 19時半~21時
★予定している観望会。
5/26 さめかわdeマルシェ「キャンドルナイト」鹿角平会場にブース

7月31日(火) 火星大接近★観望会  19時半~

7月? 鹿角平キャンプフェス(→昨年の様子

8月11日(祝/土)8/12(日) 19時半~ 
鹿角平★星空とロマンとの出会い2018 +α

8月25日(土)福島ラリー鹿角平SS前夜観望会 19:30~21h
→前回の様子。ああそうか前回は火星中接近だったんだ。スーパーマーズとか言ってたけど大接近だとどうするんだろう? お天気ネーサン
8月26日(日) 福島ラリー鹿角平SS/会場にブース

●予定している講座観望会
10月中頃 宙ガール宿泊撮影&観望会(→昨年の様子。雨でした)
11月頃  初心者向け天体写真講座。(→昨年の様子
講座はバージョンアップして
星景写真教室をプロカメラマンを向かえてほっとはうすにて3回実施予定。
天文台では天文インストラクター養成講座を4回実施予定。

詳細は決まり次第、ブログにアップします。

※鹿角平天文台は事前に5人以上の予約で随時観望会をおこなっています。
特別観望会は、予約なしで利用できる日です。
講座観望会は、完全予約で人数制限あり。天文台の望遠鏡で撮影をおこないます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック