渡部潤一講演会「宇宙生命は存在するのか?」

画像

白河市で渡部潤一先生の講演会を聞いてきました。
SLFなんか飲んでる先生しか見てないので新鮮(^^;

持ちネタのアイソン彗星からスタート。
日本で唯一現存する会津藩の天文台遺跡など県内関係の話を交えて
本題の「宇宙生命は存在するのか?」に。
10年以内には答えが出るとのこと。
系外惑星の通過時のスペクトル吸収線による観測・・・そのために
30メートル級望遠鏡をハワイに建設中だとか。
最後に地元、白河皆既日食の話(小峰城に記念碑があり)で終了。

画像

日本工機白河製造所の方が、「はやぶさ2」のプロジェクトのインパクターのお話。会津大や帰還カプセルパラシュートなんかは知ってたけど、県南でもかかわる企業があったのね。

衝突装置は福島県発(民友)

衝突装置には日本工機白河製造所のほかにも県内企業の技術が採用されている。爆薬が詰められた容器の製造は石川製作所(鏡石町)と子会社のタマテック(同町)、容器と銅板の溶接は東成イービー東北(郡山市)が手掛けた。まさに、福島発の技術が結集した衝突装置だ。試料採取の前段階となるデータ収集などでは、会津大の技術が重要な役割を担っている。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック