GWの観望会と電子観望

画像

公開観望会最終日の5日。曇りの予報が晴れました。

曇りがちの連休前半も後半3日からの令和最初の公開観望会は天気に恵まれました。連日50人以上の訪台者がありました。雲りがちの3日が一番多い80人なのは残念でしたが(^^;

画像

春は地味な天体が多いので、電子観望もやってみた。スマホの星図をタッチして導入体験もしてもらったけど、キャンプ×星空の鹿角平では反応はいまいち。5秒スタックでないと銀河は写らないプアな機材というのもあるけど、そこまで求められていないし、キャンプ場にある鹿角平天文台では天体でなく星空を楽しみたいという人の方が多いんじゃないかな?天文ファンや星に興味のある人が集まる独立した天文台とか星まつりとはそのへんが違うかと思う。
ライブ映像より、ステラナビゲータでリアルタイム表示して流星ながしたり星座から天体にアップして見せたほうが受けがいいし、望遠鏡で見てもらった(見てもらう)天体はここにありましたと見せたほうがより興味をひくかと思う。よりライブ映像ぽくするのに野外で望遠鏡の脇でPC操作したら、デスプレーの明かりが不評だったしな。録画でもこの天文台の機材で撮ったものというというと驚いてくれてるので、ライブの電子観望に拘る必要はないなというのが今回の結論。曇天用に動画天体増やししたほうがいいかな(^^;
電子観望を自分で操作してやってる分には面白い。たぶん導入する天体を把握してるからで、見てる人も天体がわかってる場合は楽しめるんじゃないだろうか? 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もも
2019年05月09日 00:39
やまのんさま
こんばんわ、ももで~す。
そうなんですよね。
天体や宇宙に興味があるのか?
星空を眺めて楽しみたいのか?
そのへんの温度差というかベクトルの違いはありますよね。
連休中にプラネタリウムの解説やってても思いましたよ~
綺麗な星空・ホノボノ~の合間に、理解できない天文学の屁理屈を混ぜるのがいい感じかもですよん!
今見ている光が実は200万年前なんだとか・・・
やまのん
2019年05月09日 01:19
ももさんのプラネ解説か~
それは聞いてみたな
そうか、決めつけないで小ネタを混ぜてればいいのか。ついでにダジャレとかもまぜとくか(^^;
解説に正解はないから毎回試行錯誤で続けていくことが正道なんだろうね。
もも
2019年05月09日 01:43
いやいや!
知り合いの星なかまがお客様のときは緊張でした!
ま、そのときどきで~
お客様の反応を見つつ・・・
真面目な反応だと思ったら、丁寧にとか。
最後は面倒になって端折ったり~笑
そこは、ちゃんとした施設じゃないからテキトウでもいいんだけどね。
まあ、緩く~ってスタンスかな?

やまのん
2019年05月09日 23:10
お仲間だと適当なこと言うとあとが怖いですね(^^;
テキトウが一番(笑)

この記事へのトラックバック