今シーズンの木星と土星の位置

画像

木星がどっぷりと天の川に浸かっているので、天の川を見たことない人はぜひ木星を目印に天の川を探してください。月がない夜に光害の少ない場所にいったら見えますよ。今頃の木星は21時頃昇ってきて深夜過ぎに見頃になります(6/11に衝=真夜中に南中で一番高く上るので、天ファンはもう観測シーズンですね)
木星は真夜中の明星の別名があるように、都市部でも巨光を放っていてとても目立ちます。土星は都市部ではちょっとわかりにくいかもしませんが、周辺では約0等級で木星の次に明るい星です(ちなみにアンタレスは1.09等で三番目)

天文台の観望時間内(19時半~21時/夏時間は21時半)で主役になるのが木星が7月~8月。土星が8月~9月ともう少し先。そのころ木星はアンタレスよりの場所にいます。

2019年の惑星ミニガイド



ちなみに2017年には土星が今年の木星と同じような位置にいました。木星は歳星の名があるように、毎年一つの星座(星宿)を訪ねます(土星は2~3年)。両惑星とも動きは遅いですがしっかり移動してますね。

画像

2020年12/17 視野円7°月と土星・木星の大接近。
12月21日には木星と土星が超大接近(離角6分40秒)

来年2020年には木星と土星が並び追い越していきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック