インストラクター養成講座/空を見上げて夜空を楽しむ講習会2019 「星空と月の教室」

画像


普段の生活では、前や下を向くことがあっても上を向くことは皆無ではないでしょうか? 
上を向けばちょっとしたブレイクになりますよ! 素敵なにかも見つけられるかも? 
星空や月を見上げてみたくなる講座です。

インストラクター養成講座となってますが、通常の見せてもらう観望会ではなく、自分で探して見るのに重点をおいた全三回の観望会です。望遠鏡を使わないで夜空を楽しむ講習会です。

開催場所:鹿角平天文台

7月7日(日)七夕。月齢4  終了
9月13日(金)中秋の名月 月齢13  終了
10月22日(火)最遠の星を探す。 延期
11月18(月)予備日
時間:午後7時~9時   

定員:10名・参加費は無料です。
残席3(10/1現在) 各回ごとの参加もOK。
※定員になり次第、受付終了となります。


※雨天曇天は、座学のみになります。
※鹿角平天文台までは草地を歩くため、長靴などがおすすめです。
※天文台までライトが必要です。→ライトルール
※夏でも長袖1枚用意するなど防寒してください。
10月の講習は防寒着の他にルームシューズ(スリッパや重ね履きの靴下)を用意ください。

申し込み・詳細は鮫川村役場→鹿角平天文台インストラクター養成講座「星空と月の教室」募集します

天文インストラクター養成講座チラシ→PDF形式/35.08MB

必要事項(氏名・年齢/住所 /携帯番号・メールアドレス)を記入の上、鮫川村役場
FAX( 0247 49 3363 )又はメール nourin@vill.samegawa.fukushima.jp )でお申し込みください。

講師は管理人です(^^;
喉を切ったのでろれつが回らず聞き取りにくいとは思いますのでご了承ください。その分テキストに力をいれてます。

第一回「七夕はいつ?」7月7日(日)データー
七夕。月齢4 木星が見頃。土星が衝。
薄明終20時50分 星空観察の基本(晴天時はミニ版)

第二回「月を愛で秋を感じる」9月13日(金)データー
中秋の名月 月齢13 翌日9月14日は最遠の満月(ミニマムムーン)。土星が見頃。
スマホで月を撮ってみよう!

第三回「最遠の星を探せ!」10月22日(火)データー
月齢23 オリオン座流星群見頃。 
西の夕空に金・水・木・土が並ぶ。講座前の17時半ごろ見つけられます。
秋の四辺形から探す肉眼最遠の星~アンドロメダ大銀河。太陽系最遠の惑星を見る。

予備「最遠の星を探せ!」11月18(月)データー
下弦 しし座流星群極大/おうし座流星群見頃(見られるのは深夜~明け方に1時間に5個程度。講習会時間では1時間数個のおうし座流星群が見られる)
海王星・天王星・ベスタが見頃。変光星ミラ上旬頃極大(今年は2等越えかも?)。
秋の四辺形から探す肉眼最遠の星~アンドロメダ大銀河。太陽系最遠の惑星を見る。
3回目と同じだが変光星ミラを追加。
講座終了時刻にオリオン大星雲高度10°なのでスペシャルメニューで大星雲も肉眼で探して主鏡で見る。


去年の様子→
第一回「四季の星座教室」
第2回「四季の星座教室」
第三回「四季の星座教室」
第4回インストラクター養成講座「四季の星座教室」

去年快星は一回だけだったので、とりあえず予備日を11月18(月)もあります。予備日も曇ったら翌19日に講座なしの観望会を予定してます。さすがにそこまで曇らないと思うけど(^^;



新装版 ほしぞらの探訪
地人書館
山田 卓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック