オニール橋

オニール橋は19キロに及ぶ天然巨大橋と言われた月面誤認地形。
オニール橋GIF.gif
間違いだとわかった後でさえ(宇宙人が造ったと尾ひれがついたりして面白がって逆に広まり)マンガに登場するほど有名となった。
画像

オニール橋/スケッチ記入者不明( 月世界からの報告
画像

その当時の図鑑の挿絵(昭和44年発行の学習科学図鑑「宇宙旅行」絵は中島章作)

このオニール橋をそれっぽく見る条件が厳しく見える日時は限られている。今回の予報だと18時半だけど、低すぎてその時間には見えず、一時間以上たってから見たけど、やはりもう少し前だとそれっぽく見えたかなという感じ(^^;
画像

2019/11/15 19:56
Vixen-SC200L(CELESTRON C8)f2032mm F10 OMD:E-M5MarkII 直

シーイング最悪だけど、逆に悪いからそれっぽく見えてる気もしないでもない。
橋の下を通過したかに見える光はよく見えていたけど、岬と岬の間の影になった部分が長すぎたので、もう少し前なら跳ね上げ橋のような地形に見えるかも?

次のチャンスは2020年1月13日22時前後、そして3月13日1時台ごろだそうです→ほんのり光房

月世界への招待 >月面名所めぐり→オニール橋

画像

2019/11/15 20:42
BORG77EDⅡ×1.4  f714mm F9.2 OMD:E-M5MarkII

オニール橋が影に沈む頃に見えだしてくるのが月面K。21時台に見えてくる予報だったけど、写真では、その前にKに写っていた。眼視ではまだ周りの地形に日があたっているので、Kというより丁< みたいなハニワの馬+のる人ぽく見えた。Kに見えるのはもっと後になってからで21時後半くらいからだった。
こちらも次回は見えるのは来年1月13日の深夜。

紅葉・交通情報2019

画像

江竜田の滝の紅葉が色づき始めで見頃になってきました(11/16)

画像

村内の強滝で紅葉が見頃になってきました(11/10)
鮫川村内紅葉状況は役場HPで確認できます→こちら
※紅葉状況(PDF形式)に紅葉状況の写真があります。

画像

今年の紅葉はかなり遅いです。色づきも渋い感じです。

画像

江竜田の滝は、台風19号により斜面崩落で車両通行止め有り。手前の(滝まで徒歩5分)江竜田農村公園駐車場を利用ください。なお足元に十分注意し、崩落箇所には近づかないでください。

画像

以前は苔むした岩がよい雰囲気でしたが、苔・地衣類・植物はあらわれしまい、岩肌が荒々しい違う雰囲気の写真が撮れます。なお下流部の遊歩道は鉄橋の崩落により渡河できないので使用禁止です。なので渡河しないといけない竜神の滝などは撮影ができません。
※歩道の復旧についてはまったくわかりません。

画像

首都圏からメインルートの勿来IC→R289ですが、R289はいわき市田人で大規模土砂崩れで通行止めが長期化してますのでご注意ください。迂回路は県道134・105など。通行止め箇所は田人おふくろの宿付近です。年末までには片側交互通行で仮復旧させたいとのこと。

福島県の道路規制情報

第三回星景ワークショップ

画像

おうし群流星と参加者。撮れた人はいなかったけどおうし群は長経路の火球も見れた(^^;
やっと晴れた! ワークショップ(笑)
第一回はほぼ曇天、第二回は雲が多めと、なんとか星景写真は撮れるものの、スッキリとはいかずやっと晴れました。

画像

初日の鹿角平天文台ロケハンは日没前から初めて、日没~夕景まで狙い、金星・水星や夕空の月と土星の接近などを収めてから夕飯。19時過ぎに再び天文台を前景とした星景写真にチャレンジ。この時期晴れると鹿角平の気温は一桁台(この日は6度)。防寒不足の方も。

画像

ドームにピントで星をオフピンなんっう撮り方をした人も。おおきくぼかしたいって言ってたので中望遠で撮ってた? 君本当に初心者(笑) 星ボケ写真ってもしかして流行ってるの?

今回のワークショップは2泊3日。翌日は月明かりを生かして、江竜田の滝や古民家の星景にチャレンジでしたが残念ながらどんぐもり 特に藁葺き屋根の古民家は現在も居住中の物件だったのでほんとに残念でした。最終日は快晴・・・午前中で終了が惜しまれました。

星景ワークショップ(初心者向け)は来年も開催予定です。

星景写真撮影術 改訂版 天体写真撮影テクニック (アスキームック)
星景写真撮影術 改訂版 天体写真撮影テクニック (アスキームック)