夏至の部分日食

画像

鹿角平天文台ドームと食の進行とか撮れるかなと期待したけど、福島県中通りは曇天。はやばやとあきらめて、天気が変わる中央分水嶺の峠の向こう会津側の猪苗代湖・青松浜まででかけました。留守組によるとちょとだけ見れたようですが快曇りだったそうです。
ただ猪苗代湖も基本 雲越しに見れただけ。それでもおおむね10分間隔くらいで全行程見れました。


画像

メイン機材は71FL。晴天ならD5。曇天なら絞り+ND400+ND4(55mm)の2種類の減光を用意。結果的にD5は最初だけで、ND400+絞りがメインだった。ただ最小絞りにするとピントが悪化。完全に晴れると露出オーバー。ND400+ND4+絞りを中間~開放であとは絞り優先。ISO100~400。雲が輝くのでマニュアル露出から絞り優先AEに切り替え。
画像

このデーターが役に立つのは10年後かもしれない日食撮影機材データ。
miniBORG71FL×1.4(NDフィルター+絞り。フィルターは太陽専用のD5とND10000。ND400・ND4)。 
miniBORG45ED+ソーラーMAX40(曇天で見れづ撮れづ。)+P25/アストロソーラー(以上SPに同架)
インターバル撮影用=KissX5+AT-X35mmM+自作フィルター
日食グラス。双眼鏡+アストロソーラー。
※日食グラスやアストロソーラーフィルターは、蒸着面の腐食があるので使用前に必ず点検が必要! 
ピンホールカード・ミラー(曇天で使えず)→作り方

次回 福島県でみられる部分食は、2030年06月01日(北海道金環食)、その5年後の2035年9月2日(水戸皆既日食)ついでに太陽関係だと2032年11月13日には水星日面通過が見られる(なんとか見たいけど微妙なお年頃だな(^^;)

この記事は、ぴんぼけ日記の「夏至の部分日食」のダイジェスト版です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント