ケンコーのアウトレット2倍テレコン

【即配】 ミラーレンズ(500mm F6.3)専用2倍テレコンバーター ケンコートキナー KENKO TOKINA【アウトレット】【あす楽対応】 - Kenko Tokina カメラ用品専門店
【即配】 ミラーレンズ(500mm F6.3)専用2倍テレコンバーター ケンコートキナー KENKO TOKINA【アウトレット】【あす楽対応】 - Kenko Tokina カメラ用品専門店

2倍テレコンを見てたら、 ケンコーの500mm F6.3専用2倍テレコン が激安。同じようなMILTOL用が 1.2~3万なのでかなりお買い得。専用外で使っても拡大率が変化する程度でそれほど影響はないはず。(似たような焦点の天体望遠鏡で使用するし望遠鏡はピントの可動が大きいし)たぶん俺の持ってる古いテレプラス=MC-7/ミノルタ用よりは性能は良いだろう(^^; 接続仕様が書いてないけどが、たぶんMILTOLと同じM42/Tリングだろう(実際そうだった)というわけでポチ。

1280-DSC01858.JPG
BORGに使うのに望遠鏡側はM42AD。後方はTマウントADでもいいし、M42→49.8でBORGのマウントAD(ネジピッチが合わないけどなんとかなる)で接続。

画像

miniBORG71FL ×2(f800mm F11.2) OLYMPUS/OMD:EM5 MarkII
画質はけっこういい。この値段ならCPは非常に高い。アウトレット前の価格でも普通かな? テレコンは焦点を倍にするけど、収差など悪い点も拡大するしこんなもんかな。周辺はM4/3でもやや劣化する。さすがに1.4×テレコンGRと比べものにはならないけど(まあ0ひとつ違う値段だし、フルサイズ対応だし)。

画像

画像

月=OLYMPUS/OMD:EM5 MarkII +miniBORG71FL
壁=Canon EOS KissX9+BORG77ED
月面の比較(下段に2倍の等倍切り出しに合わせて拡大)
壁(下段等倍切り出し)
●BORG1.4×GR 文句なしの画像。
●直焦点とトリミング拡大。さすがにトリミングし過ぎでぼやぼや。16MPだからトリミング耐性は悪いんだよね。
中心像は素晴らしいけど、周辺はM4/3でも流れてる
●ケンコー2×
フランジバックなし。だいたい×1.2くらいか? 中心像はノーマルと変わらず。周辺像は悪化。
ノーマル(中央/隅)。淡いベール一枚分くらいの色付きがあり画質は多少劣化。周辺像は若干悪化。


中央部はやや色付き(青ハロ)を感じるがそこそこシャープ。周辺減光もきつくなく良好。どちらも気にならないけど画像処理で楽に補正できるレベルなのでほぼ問題ないだろう。
周辺はM4/3でもやや像が流れはじめて劣化している。ちなみにM4/3ADをフランジバック無視で取り付けると、周辺像は悪化するので通常の取り付けが無難(逆に後方を延長して倍率を稼ぐのは有効)。

画像

M42接続なのでフィリップミラーと組み合わせると使い勝手が非常にいい。
※ミラー側に接眼ヘリコイドを使えば両合焦化できる。

640S-001.JPG
プラBORGのターレット接眼部でも使える(^^;

この便利さ使いやすさは画質や性能より重要なスペックだ(笑)


というのは、BORGのテレコンやフラットナーは、内筒に出てる形なのでフィリップミラーの後方に取り付けられない。光路長119mmも厄介で、短筒(もしくは薄いヘリコイド)に変更しないと眼視でピントが出ないし、撮影でBORGのテレコンを使う時は(フィリップミラーを抜くので)いちいち筒を交換しないと使えない。これはかなり面倒。M42のテレコンが後方に付けられると、眼視と撮影がワンタッチで切り替えられる。
お気楽撮影だとこれは非常にありがたい。画質や性能より使いやすさが・・・古くはβ-VHSもそうだった(笑) 2×だとminiBORGでも月とかそれなりの大きさで写ってくれるし、周辺像が改善できるのも大きい。まあ月くらいだとスマホで撮ってUPすることが多いけど・・・あぁこれも便利さが駆逐する一端か(^^;

※本記事はぴんぼけ日記のコピー記事です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント