半影月食(2020-11-30)&ビーナスベルトの中の月食満月

画像

昨日の半影月食はよく晴れて全過程が見れました。「ビーナスベルトの中の月食満月」という極めて珍しく素晴らしい光景を狙ってみましょうというので狙ってみた。よく考えたら地球影の中が月食の月なんだから、夕焼けの投影といえるビーナスの帯の下に満月だよな(^^;

画像

地球影【ちきゅうえい】 
日没直後・日の出前に太陽とは反対側の空に地球の影が映し出される現象。影が映るのは、水滴や氷滴を含んだ大気がスクリーンの役目を果たすため。地球影の上端はうす赤くみえる部分がビーナスの帯(ベルト)。これは赤い夕陽や朝日が大気に映っているから。ビーナスの帯の下のうす暗いのが地球の影。

画像

地味な半影月食はこんなもの。かすかにほの暗いだけ。

画像

満月は明るいので直視はアイピースNDで減光。透過法で見た半影月食が一番見やすかった。これは観望会の日が満月だったりするとやってる方法で、チップスターなどの空き箱と白色ポリ袋で簡単に作れる。

画像

天文台なので少し大きめのも作ってある。透過スクリーンの無料サンプル(検索するとヒットする)+100キンのA4額を利用(ガラスは外してある)した透過装置(^^;

画像

投影法も面白いです。地味な半影月食はこんなことして遊ぶのが面白いく見やすい。半影でなくても小口径でも眩しい満月はこんな見方で楽しんでみてください。(参考→満月観察用 簡易投影透過版

画像

月のそばでアルデバランが月明かりに負けずに見えてました。上の星のかたまりはすばるです。割と深めの半影月食なのでもうちょっと欠けてみえるかと思ったけど明るかったような。2020年は半影月食が3度おこるという珍しいけどあんまりうれしくないシーズン(笑)でしたが、来年は皆既食とほぼ皆既食(部分月食)が見られます。どちらも月の出に食が始まっているのでビーナスベルトの中の月食満月が見れます。
ちなみに半影月食は1回目○。二回目☓で2勝1敗。来年の月食は全勝したいな(^^;

画像


カルビー ポテトチップスクリスプ ブラックペッパー味 50g×3個
カルビー ポテトチップスクリスプ ブラックペッパー味 50g×3個




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

みゃお@ほんのり光房
2020年12月02日 12:15
快晴で良かったですね。素晴らしい写真です。

そうなんですよ、日没後に撮影タイミングを合わせても、月食が深まっているほど地球影に入ってしまいます。ビーナスベルトと地球影に挟まれた月食(開始直後)って、日没数十分後に現象スタートするロケーションでしか見えないはずで、それは皆既日食帯並に狭いと思われます。

ところで、チップスター投影良いですね!気に入りました。私は手持ちティッシュでやってましたがチップスターのほうが楽ですねぇ。
やまのん
2020年12月02日 18:52
ですよね~。タイミングがあっても地球影自体が、見えにくい&写りにくいのに、更に難しいビーナスベルトとなるとねぇ。ベルト上の満月?(たぶん半日くらい前?)はほぼ無理でしょうね。地球影の中の満月は空の澄んだこの季節なら見れる&撮れるけど、それでも10分もない、ビーナスベルトだと5分くらいだし・・・かなりり難し&珍しですねこれ(^^;
チップスターいいですよ(笑) こどもとかが喜ぶので元箱がわかるようにしてます。