撮影した星の写真に何座が写っているか探す方法

外出自粛が続くので過去の星空写真にどんな星空が写っているのか探してみる方法をUPしました。 →こちら ステラナビゲータとかで探したりするのは天文ファンだけだろうから、フリーソフトを使用して探す方法。ついでに写真に星座線とか文字を入れる方法・・・こちらも天文ファンならフォトショップとか使ってるだろうけど、ちょとやって見ようというにはハ…
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの月と金星。

今夕の月と金星。明日(04/26)はもっと近づき、美しい夕暮れとなります。西に開けていれば自宅の窓やベランダから見ることができます。 また月を目印に昼間の金星を探すチャンスです。金星は28日に最大光度(-4.5等)になり、昼間に肉眼でも見える時期なので晴れたらぜひチャレンジしてみてください。14時頃にほぼ頭上にあります。 …
コメント:0

続きを読むread more

いろんなレンズで金星とすばるの接近(引き伸ばしレンズ・オールドレンズ・miniBORG)

いまさらだけど4月初旬の金星とすばるの接近を いろんなレンズ(引き伸ばしレンズ・オールドレンズ・miniBORG)で撮っていたのでまとめて(^^; EL-NIKKOR 50mm F2.8 N+M42ヘリコイド OLYMPUS OMD:E-M5MarkII 60秒(追尾) F4 ISO800  2020/04/02 1…
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平キャンプ場も閉鎖中です。

6月1日(月)から 売店は通常どおり営業します。 食堂、バーベキュー、キャンプ場、コテージ、バンガローは、当面の間利用休止。 順調なら7/1に再開予定。(ただし今後の動向しだい)(2020/06/8) 緊急事態宣言延長にともない当分の間 完全休業 鹿角平のすべての施設が利用できません。WC・駐車場も閉鎖中です。(…
コメント:0

続きを読むread more

天文ドーム(望遠鏡)は休止中。野外星座解説はOK。

6月1日から売店が通常営業再開しましたので、西駐車場・W.Cが使用できるようになりました。 天文台の利用再開しますが、当面は野外での星空解説のみの予定です。 天文ドームの利用再開は今しばらくお待ち下さい。天文台の仮予約はOKですが、ドーム内は狭く濃厚接触状態となるのでいつ望遠鏡での観望が再開できるかは不透明です。(2020-06-0…
コメント:0

続きを読むread more

金星のある景色(月やすばると接近して見頃・撮り頃)

昨日3/26の夕暮れに並んでた すばる(プレアデス)・金星・月。 3/28は月齢4の月が金星がならぶ。3/29は月齢5の月がヒアデスの文字のあたりで、美しい夕暮れになるはず。夕景は初心者でも撮りやすい星の写真(星景)なので晴れたらカメラを向けてみたい。 4月3~4日にかけては、すばるの中を金星が通過する。肉眼でも…
コメント:0

続きを読むread more

期待のアトラス彗星(C/2019Y4)初見。

2020/03/21 22:27~ 1分×17 F4.5 ISO1600 主鏡35cm×0.75TS 1575mm F4.5  EOS Kiss X5 アトラス彗星(C/2019Y4)初観。8cm双眼鏡で非常にかすか。σ星のすぐそばと見つけやすい位置じゃないと見逃したかも。M82はよく見えてる。彗星はM82の半分くらいの大きさ…
コメント:2

続きを読むread more

令和2年度の主な天文現象(2020.4~21.3)と天文台イベント

令和2年度の主な天文現象(2020.4~21.3) 4月3~4日金星がすばるを通過。 金星がすばる(プレヤデス星団)を通過。8年ぶりの珍現象。 4月15~16日暁の惑星ショー 明けの空に集まった火星・木星・土星のそばを月が通り過ぎる 4月8日 スーパームーン (ただし満月は11h35m) 5月中旬 C/2017 T2 …
コメント:0

続きを読むread more

M35とNGC 2158星団

久々にHPの星雲星団アルバムのM35の写真を更新(画像の軽いTGV-mがメイン…PC-98時代のアルバムですから(^^;) M35というよりNGC 2158が主役の撮り方だけど、両方ともきちんといれると間延びする感じがするんだよな。 写真もそうなんだけど眼視もなかなか適倍がきめられないのがNGC2158とM35。 倍率…
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平の星空【6秒】CM

鹿角平天文台は、標高708メートルの位置にあります。施設は草原が広がる丘の上にあるため、周辺の人工の光の影響を受けることがなく、360度の視界が開けていることから、絶好の天体観測ポイントとなっています。 「ふくしまの魅力、6秒でギュッと。」 ▶︎福島県公式チャンネル もっと 知って ふくしま!の鮫川村の6秒CMは鹿角平の星空で…
コメント:0

続きを読むread more

偽月面A(月面AA もしくは ツインA)

2020/02/07 23:15 BORG 77EDⅡ×1.4(f714mm F9.2) KissX9 2/7は月面Aが稀に見る好条件でしたが薄曇りでした。月面Aは条件が悪いとΛしか見えないときもあるので期待してたんですが、それでも快曇にならなかっただけよかった(^^; 月面Aが現れAの下にΛがでてきて、♢ ぽくなる時刻に、月面…
コメント:5

続きを読むread more

ラッキースターの水星が見やすくなってます(2月10日 水星が東方最大離角)

なかなか見れないため見れたらラッキースターの水星が見やすくなってます(2月10日 水星が東方最大離角)。 夕方の空では、今年2番めに高度が高くなっています(日没時高度18°)1番条件の良い東方最大離角は6/4なので、冬のクリアな空も加味すると、今年一番見やすいかもしれません。 水星はすぐ高度が下がって見づらくなりますが、…
コメント:0

続きを読むread more

月面 LVE-X

クレーターは全部Oに見えるのでどれでも好きなやつで。 Oの代わりに矢が刺さってる型のクレーターで、月面 LVE(かなり強引) 月面XとLOVEがほぼ同時に2月1日に見えていました。月面Xが終わったころにLやEが見えだすことが多いので今回はXとタイミングが合ってい…
コメント:2

続きを読むread more

星の文化史事典[増補新版]

星の文化史事典[増補新版] 太陽や月、惑星や星座、銀河、流星や隕石、さらには暦や占星術、宇宙論など、世界各地に伝わる星の物語を2000以上集めた百科事典の増補版。星の伝説やお話はだいたいがギリシャ神話。たまに日本や中国の話などがよく知られたところ。あまり知られていないインドやマヤなど世界各地の話を収録。世界は広いし星の見方も様々で…
コメント:0

続きを読むread more