秋の気配

昨夜の観望会は気温20°で半袖ではもう寒いくらいでした。 先週よりぐっと秋らしくなっています。 訪台の際は長袖一枚余計におもちください。 (夕日と同じ原理で)赤く染まった月の出をみんなで眺めました。 月の出観望は肉眼で眺めるだけですが毎回盛り上がります。 それだけ普段はみてない現象なんでしょうね・・・天文ファン…
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス座流星群と「宇宙のロマンとの出会い2019」月と惑星の夏

8/12の月と土星の接近。 「宇宙のロマンとの出会い2019。月と惑星の夏」は初日は霧雨でなんにも見えず(^^; 翌日はなんとか薄雲越しに・・・観望時間終了後にきれいに晴れてきた。 夏はペルセウス座流星群にあわせたイベントなんだけど、この時期天気がいいほうが少ない(^^; 月没前の月焼けで夕焼けみたいに雲が赤い。 …
コメント:0

続きを読むread more

ダイソーの太陽系模型(^^;

ダイソーの『3Dパズル』の太陽系模型。 ちょっとした惑星の位置の説明にいいかなと買ってみた。 百均でもたまに宇宙がテーマのものがあるね。 自由研究キットなんかだと「月の満ち欠けをしろう」なんかも面白いし「星座早見盤」は手軽に使えてなかなか。(蓄光シールを一等星などに貼るだけ。もちろん貼らなくても使える)。なお自由研究キットには…
コメント:2

続きを読むread more

盛夏の鹿角平天文台

ミニボーグ60アクロ+ AZ-GTi 経緯台。アライメントもせず月を導入して調整して使ってるこんな雑な扱いでも月や惑星など手動で入れられる天体がメインならOK。ただしセッテングの方向は毎回ほぼ同じで見た目の水平程度は合わせてる。 久しぶりに晴れた土曜日の夜は天文台も大賑わい。 猛暑日とはいえ夜は鹿角平(標高700m)は過ごしやす…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明け

毎年夏合宿にきてる某高校天文部。なぜか半分曇るんだよな(^^; 南東北が一昨日、東北が昨日梅雨明け・・・でも毎日雷雨。 夜はなかなかスッキリ晴れてくれない(^^; 連日の観望会がひかえてる8月だ。梅雨明けしてくれてとりあえずホッとしてる。
コメント:0

続きを読むread more

第一回「星景写真ワークショップ」2019

星景写真ワークショップは ほっとはうすの座学からスタート。 テキストが昨年より厚くなっていた。座学も昨年より濃い目(笑) 1年の進歩なのかこなれ感なのか(^^; 天文台の解説でもそうだけど、繰り返すことで洗練されていくんだよね。 実機を触って設定する。メニューを操作したことないひとも(^^; おすすめのライトや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙のロマンとの出会い2019」月と惑星の夏

「宇宙のロマンとの出会い2019」月と惑星の夏 8/11(日)・12(月)19時半~21時 鹿角平天文台 雨天・曇天中止。 今年はアポロ11号から50年目の夏。この夏は月に注目! ほぼ満月の月は主鏡では非常に眩しいので、透過投影法や減光フィルターを使って観察します。 星を見るには月明かりはすごく邪魔ですが、月明かり…
コメント:0

続きを読むread more

SVBONY SV40 (中華製42mm10倍双眼鏡)

SVBONY SV40 (10x42)「ものすごく安くて、そこそこ良く見える双眼鏡」 星が見えない日が続くとなぜか筒が生えてくるらしい。俺はポチらんよと思ってたんだけど、天リフの激安双眼鏡レビュー・SVBONY SV21 42mm10倍双眼鏡が原因で、この値段ならと車載用とか手荒に扱えるかなと・・・双眼鏡は数台あるんだけどつい(^…
コメント:0

続きを読むread more

第一回「星空と月の教室」

雨天で星が見えず、飛び入りでS.P.V(郡山市ふれあい科学館ボラ)の星のソムリエのS1君の講座(^^; 七夕の夜に第一回「星空と月の教室」をおこないましたが、残念ながら曇天・霧雨 星見の基本や七夕の話、星座早見盤作りなどをして終了・・・星の見えない天文台はいろいろつらい(^^; 昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さそりの針先(M7とM6)

鹿角平天文台と夏の天の川。 意外でしょうけど、南天の天の川の旬は梅雨入り前。 夏本番より、梅雨の晴れ間のほうが見えたりします(^^; さそりの毒針の三角。針先がG星。2つ並んでいる星は弟兄(おととい)星や猫の目星の和名がある。M7を肉眼の星空案内で探す時によくあの2つの星は? と質問されるので思っているより目立つ(^^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群雲越しの月と木星。今夜はストロベリームーン。

昨夜のほぼ満月と木星が接近していました。雲が多いけど天然減光フィルターになってくれたので、月の模様と一緒にガリレオ衛星も写っています。 写真を撮った深夜で約3°の接近でした。 今夜(06/17)は満月です。土星と木星の間に満月が輝きます。6月の満月はストロベリームーンの異名がありますが、いちご色に見えるということはありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星景写真ワークショップ(初心者向け)

星の写真を撮ってみたいけどやり方が分からない…新たな趣味として写真撮影を始めたい… こんな悩みがある方やこれをきっかけに始めたい方に必見です。 ぜひ、プロカメラマン指導のもと、ワークショップで星景写真撮影にチャレンジしてみませんか? 講師:北山 輝泰 氏 (きたやま てるやす) このブログでは天文誌「星ナビ」でおなじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インストラクター養成講座/空を見上げて夜空を楽しむ講習会2019 「星空と月の教室」

普段の生活では、前や下を向くことがあっても上を向くことは皆無ではないでしょうか?  上を向けばちょっとしたブレイクになりますよ! 素敵なにかも見つけられるかも?  星空や月を見上げてみたくなる講座です。 インストラクター養成講座となってますが、通常の見せてもらう観望会ではなく、自分で探して見るのに重点をおいた全三回の観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水星が意外と夕空で見えてる。

6月6日の月・火星・水星。 水星が見やすくなる東方最大離角は6月24日だけど、そろそろ夕方の西北西の低空で意外と見えている。 18日ごろは火星とかなり接近して見える(0.3度の超接近。晴れてればぜひ)。 7/4には月も加わる・・・見晴らしの良い場所で双眼鏡がないと見れない(空がまだ明るいので)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今シーズンの木星と土星

天の川を挟む木星と土星の位置。 ●は8/1の位置。 木星は7~9月が天文台観望時間に見頃(6/11に衝)。 土星は8~9月頃(7/10に衝) ※衝は真夜中に南中で一晩中見える観測シーズン。 天文台の観望時間は19時半~21時頃なので見頃がずれます。 木星の大赤班が変だと言うので望遠鏡を向けてみた。シーイングがイマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more