スカイウォッチャー WiFiアダプター

画像


天文台の野外用赤道儀がスカイウォッチャーなので、シュミットさんからAZ-GTiを購入して使ってるうちにWiFiアダプターをなぜか購入(笑) いや~楽ちん 同時購入なら送料分浮いたのにと後悔(^^;
コントローラーで立ち上げると、設定のリターンを数回繰り返してやっと恒星追尾なのが接続すればもう動いてる
ついでにGOTO マウントは外部電源なのでスマホのバッテリーの心配もない。

アライメントもわかりやすいというか見やすい(そりゃそうだろうけど)。星図アプリのSkySafari 6 Plus(有料版。全部英語)を使えば、星図から導入が可能だし、いや~便利になったもんです。
コントローラー端子にWiFiアダプター挿せばいいだけだし(Wifi設定はするようだけど) GOTO マウントの人には迷わずおすすめです。


Sky-Watcher Wi-Fiアダプター
Sky Watcher

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





AZ-GTi(自動導入経緯台)

観望会&電子観望用に「AZ-GTi」(自動導入経緯台)を購入。
おもいのほか大きな箱で送られてきて笑った。
充電池で使えるか書いてないけど問題なく使える。意外ともつ観望会数回分はいけそう。スマホのバッテリーの消耗のほうが早い(^^; なお、電池の入れ方はきちんと収めるには指定方向があるので奥とか上下とかシールをはっておいたほうがもたつかずに済む。

画像

延長ピラーはほぼ必要。ミニボーグでも天頂あたりだと脚に当たりそうな感じ。高度制限を設定すればなくても大丈夫だけど。縮めた時は延長の分 重心が高い気がする。脚を伸ばした場合、意外と直視で高い位置の天体を子供みるのにちょうどよかった。天頂プリズムをつけた場合は大人が立って見るのに丁度いい。いずれにせよ高さの調整は、脚の伸縮だけなので調整するとアライメントが狂うので難しそう。
後序するけど鹿角平では雑に合わせてもいける(^^;

アプリで動かすけど、経緯台はSynScanが奨励だけど、赤道儀用のSynScanPROも使える。PROとの一番の違いは太陽がないこと。PROは太陽の制限を解除すれば、太陽観察のほか太陽をアライメントで使える。
※太陽導入は メニューのアドバンスドで太陽観察をONにし足し算の答えを入力。

そのアライメントもPROはワンスターアライメントが可能だけど、SynScanはツースターアライメントから。様々な天体を見るならツースターは必須。ワンスターは、その日の観望会が月とか惑星とか明るい天体の場合なら可かな? 導入精度は水平さえきちんと合わせれば、かなり正確に導入してくれる。この水平がいがいと曲者。付属の水準器がやや怪しいので後付したほうがいいかも。この機材は水平をきちんと取るのがキモ。なお、望遠鏡の向き(北を向けたとき、架台の左右)があるので注意したい。
画像

アリミゾはビクセン互換。ネジ先端一点で固定する物なので緩めた際の落下に注意。方向などの注意書きのシールとか、水準器なんかも貼り付け。

ファインダーと併用であれば、セッテングも雑でいい。極端にいえばアライメントしなくても、前回と同じ向きにセッテングして水平を合わせて北を向けて導入(手動で動かしても可)してもかまわないと思う※前回のアライメント情報を記憶している。月だけは月追尾にするようなので、スマホで月に合わせて導入したい。精度はそこそこだけど、明るい天体はほぼファインダー内に捉得てくれるので、明るい天体がメインの観望会ならそれでいいかなと思う。精度がでてなくても、ある程度追尾はしてくれるのでほぼ問題ないかと思う。時々、対象をセンターを確認するようだけど(^^;
観望会では、大人と子どもの背の高さが違うから途中で脚の高さを変えてあげる必要が出る場合もあるので、望遠鏡を元のポジションにしようとしてもずれるのでファインダーがあれば便利(見ていた対象を望遠鏡自体を動かして入れ直すとほぼ元のポジション)

画像

架台にスマホ台を取り付けて(どんな人がくるかわからない観望会だから)行方不明にならないようにベルクロで固定。
接続はやや不安定だけど、待機を押せばいいだけなんだけど、ほっとくと接続が切れてしまう。ASUS ZenPad 7.0(Android5.02)だからかも? 設定で待機時間をデフォの200から500に変更したら若干だけど安定。ZenPadとは相性が悪く、微動ボタンを高速にすると途中で止まらなくなって暴走したりする。このへんはかなり機種依存している感じで、ギャラクシーSⅡ(Android4.03)の場合は安定して作動していた。
※その後のアップデートで安定して接続している。ただアプリの反応はどちらもややもたつくし時々切れる。 アプリについててはもうちょっとなんとかしてほしいところ。二重星なんか英語表記だし。オススメの天体なんてのもあるけどマイナーな天体が多すぎ。口径別とか、ベスト5程度とかにしてほしい(もしくは並べ替えとかできるとありがたい)登録もできるけどつかいずらい(わかりにくい) 星図アプリのSkySafari 6 Plus(有料版。全部英語)を使えば、星図から導入が可能になるのでわかりやすい。ただ時々SynScanのWiFiが切れるので、SkySafari 6 Plusも切れてしまう。そのたびに、バックグランドで作動中のSynScanを呼び出して再接続するようなので快適とはいいがたい。(SynScanが切れる時に、待機とか接続とか出るんだけど画面を見てるとは限らないのでいつのまにかWiFiが切れてしまう) ついでに2台同時でも接続できてそれぞれコントローラーが作動した。ということは別売りでコントローラーだけっというのも可能じゃない? コントローラー端子があるのでもしかしたら両方で制御できる?? 微動はスマホだと使いづらい。画面を見てないとどこだかわからなくなるから別売りでボタン式のやつ追加でどうでしょう(笑)

画像

経緯台なので視野が回転する。
自動追尾ということで直焦点の追尾撮影してみた、だいたい30秒位はいけそう。
30秒でもコンポジットで重ねると視野が回転してしまうのでちょと無理かな? 
アンカーを二箇所にすれば数枚はコンポジットできるけど。短い露出でお手軽に撮ってみたい人とかブレてもいいから望遠鏡でどんな風に写るのか試してみた人にはいいかも?

画像

miniBORG71FL/×1.4 f490mm F8.2 OMD-EM5Ⅱ 
数十秒の露出の地球照は綺麗に写っていたのでほぼ問題ないなかった。

画像

BORG 77EDⅡ:510mmF6.6/直 OMD-EM5Ⅱ 30秒(NR使用)*3 電線カブリをしている。外枠の黒い重なり回転づれ。NR使用なので三分のずれ。

星雲星団は30秒位までかな? 60秒はほぼブレてたのでこの辺が追尾撮影の限界かも? 三脚が弱いというか腰高なので何枚かブレた。風が吹くとブレやすかった。長めの玉だと注意が必要。

画像

電子観望にもいけた(最長5秒露出か5秒スタック×数回)ただ 電子観望は鹿角平天文台向きじゃないかも? キャンプ場にある天文台なので天体でなく星空を楽しみたいという人の方が多い。自分でやってる分には面白い。

3万円台でこれだけの自動導入経緯台が買えるなら、軽い鏡筒のプラBORGやミニボーグとの相性は抜群だったので自分用にも欲しくなった(^^; ちなみに天文台では野外観察時に、ミニボーグ60とBK125(シュミカセ)で、対象に合わせて使ってます。重い鏡筒は三脚を変更したりバランスウエイトを追加して使ってる方もいるみたいです。更には赤道儀化とか(^^;

初心者にはとっつきにくいとは思うけど、光害の多い都市部の天文ファンにはおすすめ。星雲星団がファインダーでほとんど見えないから、導入に苦労するよりづっといい。
スマホで操作というのも、ロートルには馴染みがないから以下のサイトを参考にした。

【特別篇】AZ-GTi & ZINGARO-6 (かっぱのあしあと)
http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/?tag=AZ-GTi

AZ-GTiで遊ぶ(6) 観望会では使いにくいという話(亜熱帯天文台ブログ)
https://anettai.exblog.jp/238761891/

ほしぞloveログ
AZ-GTiのファーストテスト
http://hoshizolove.blog.jp/archives/33055249.html

光害の少ない所に住んでる方にも、追尾してくれる経緯台なので見るのが楽かも?
望遠鏡で見て面白い天体は肉眼でも見える天体なのでファインダーがある望遠鏡でも十分だとは思う(^^; どこになにがあるのか覚えるし、星空を楽しむ自由度がたかいから。次の機材にステップアップする時に自動導入機しか選べられなないしね(ドブソニアンにも支援装置ついてるくらいだからそれほど心配ないけどね)。





GWの観望会と電子観望

画像

公開観望会最終日の5日。曇りの予報が晴れました。

曇りがちの連休前半も後半3日からの令和最初の公開観望会は天気に恵まれました。連日50人以上の訪台者がありました。雲りがちの3日が一番多い80人なのは残念でしたが(^^;

画像

春は地味な天体が多いので、電子観望もやってみた。スマホの星図をタッチして導入体験もしてもらったけど、キャンプ×星空の鹿角平では反応はいまいち。5秒スタックでないと銀河は写らないプアな機材というのもあるけど、そこまで求められていないし、キャンプ場にある鹿角平天文台では天体でなく星空を楽しみたいという人の方が多いんじゃないかな?天文ファンや星に興味のある人が集まる独立した天文台とか星まつりとはそのへんが違うかと思う。
ライブ映像より、ステラナビゲータでリアルタイム表示して流星ながしたり星座から天体にアップして見せたほうが受けがいいし、望遠鏡で見てもらった(見てもらう)天体はここにありましたと見せたほうがより興味をひくかと思う。よりライブ映像ぽくするのに野外で望遠鏡の脇でPC操作したら、デスプレーの明かりが不評だったしな。録画でもこの天文台の機材で撮ったものというというと驚いてくれてるので、ライブの電子観望に拘る必要はないなというのが今回の結論。曇天用に動画天体増やししたほうがいいかな(^^;
電子観望を自分で操作してやってる分には面白い。たぶん導入する天体を把握してるからで、見てる人も天体がわかってる場合は楽しめるんじゃないだろうか? 

令和最初の観望会。

画像

連休は前半は天気が悪く観望会は中止ばかりでしたが、令和最初の観望会はよく晴れました。終了後に撮った写真が(前日は雨で昼間にも撮らなかったので)令和ファーストショットとなりました。

観望会は19時半からです。
GWの日没は18時半頃なので19時頃こられてもまだ星は見えませんよ!

今年のGWは二重星と銀河の観望になってます。19時半(薄明中)は火星。ふたご座のα星カストル(二重星)などで薄明が終わる20時からかに座M67散開星団とイオタ星やM13球状星団を見ています。
あれと思った人はするどい(笑)
大人(身長170前後)向け高度50以上の見頃のしし座γ・M3球状星団・子持ち銀河などの天体は後半に見てました。ついでに今話題の?M87銀河も。こちらはただの光芒なので大人向けに入れました。
※天頂付近は脚立の一番高いところにのっても接眼部が身長170以上ないと届かないため。子どもたちが多い前半は低めの天体がメインでした。

5/2はS.P.Vのメンバーが双眼望遠鏡をもって飛び入り参加で賑やかな観望会になりました。連休中とあって予約なしの方も。
※天文台が開いていれば観望時間内なら予約なしでも見学できます。
今夜(05/03)から5日までは、イベントで天文台開放しています予約無しでOK。
本日曇天ながら80人以上の訪台者があり、例年以上・・・やっぱり10連休の影響?

画像

久しぶりにスッキリ晴れて久しぶりの天の川。
そのまま見ていたいけど、まだ無理できないので昇る木星を見て終了。
ブヨブヨでしたが(^^;

鹿角平天文台の平成

平成元年(1989年) ふるさと創生一億円事業の一環で鹿角平天文台の計画ができる。日大・原正人ゼミが主催した鹿角平大観望会で当時の村長が星空の美しさに感激したのがキッカケだとか。

平成2年~平成3年(1990~91)2年秋に天文台が完成し翌年春に鹿角平天文台オープン。

平成7年(1995)空前のアウトドアブームの影響なのか、天文台に族のあんちゃんや新興宗教?など、変な人やあやしい人々も訪台(^^;  このアウトドアブームは平成30(2018)年に再発し、こんどは今まで訪台者がいなかった晩秋~初冬に集中する(アニメの影響? )  

画像
     
平成8年(1996)年3月、長大な尾を見せた百武彗星。個人的に肉眼で100°以上の尾が見えて大興奮。天文ファンの三大見たい現象の一つ。

画像

平成9年(1997)年3月~4月には巨光を放ったヘール・ボップ彗星と立て続けに大彗星が出現。宵の空に明るく見えたので天文台も大賑わい。

平成10年(1998)7月7日 公式天文台HP開設。
当初はワープロ作ってました(笑) 画像はフィルムのスキャン。メインカメラは当然フィルム。デジタル機器の進化を目にした平成でした。
画像

コンデジで天体写真
ブログは平成17(2005)年に開設。個人的に(PCも含めて)デジタルへの移行は遅く ブログ用画像はミノルタデマージ7GX100とかバルブのあるコンデジで撮影してました。

画像

デジ1を購入。あれから10年フィルムで撮るのは稀になりました。
デジイチは2009年のEOS KIssX2改KissX3でデジタル化が一気に進みました。
ちなみに開台時の望遠鏡制御は完全手動。導入は目視(5cmファインダー)。次がDOS/V機でデジタルメモリ環(初代ミカゲの架台にはメモリ環がなく、エンコーダを追加して赤緯赤緯を表示させた)。その後PC-98機にNEWSで自動導入(デスプレーの十字ファインダー式。時代はWINが主役でPC98の保守が一苦労)WIN-XP機ステラナビゲータで星図から自動導入と更新されていく。現在はWIN10+スターパイロット/ステラナビゲータ9を使用。

画像

平成10年(1998)11月 鹿角平天文台からもTV中継があったほどしし座流星群フィーバーも空振り。見頃が深夜過ぎだったため初の深夜開放を実施したけど天文台の丘には訪台者は少なく肩透かし。中継の夕方からの訪台者は300人ほどなんですが、放送中~終了2~3時間が訪台者のピーク。流星群本番の深夜前にはほとんど帰られた(^^; ちなみに流星雨になった時も10分程度見たら帰る人がほとんどでそんなものなのかと驚いた。鹿角平は来る車・帰る車で渋滞や事故も。
平成13年(2001)年11月 しし座流星群の流星雨。狂喜乱舞(笑)これが夢に見てた流星雨か! 
個人的に天文ファンの三大見たい現象の、皆既食・大彗星・流星雨をコンプリート(笑)
※皆既食は平成の前年の昭和63年(1988)小笠原沖皆既食で見ている。
画像

平成15年(2003)夏 火星大接近 「6万年ぶり」とマスコミが加熱。大接近の夜には500人近くが訪台するも曇天で助かる…たぶん晴れてたら収拾できなかったと思う。しし座流星群以来の夜の鹿角平渋滞。路肩に落ちた車も。

画像

平成19年(2007)年 憧れの昼間の大彗星マクノートを目撃。とにかく尾だけ見えたりして驚かされた。

平成23年(2011) 1月 原天文台長逝く
鹿角平天文台ができるキッカケを作った。当時のゼミ生たちは今も命日近くの週末に集って墓参(福島県棚倉町)している。

画像

平成23年(2011) 3月 東日本大震災と原発事故により天文台休台。※震源が近い4月の余震のほうが被害が大きかった。
夏には再開するも数年間は訪台者はほとんどなく、現在も林間学校はもどらなかった。望遠鏡は修理できても、放射能への心配は令和になっても消えていないだろう。



平成24年(2012) 6月 金環日食。
天文台が迎える初めての金環食。原発事故の影響なのか平日の朝&鹿角平より下は濃霧で見えなかったからなのか訪台者ゼロ。鹿角平では数名が見上げていた。

平成29年(2017)夏  鹿角平天文台リニューアル
震災で傷んだ架台をやっと交換。それまで騙しながら6年間使ってきた。地震で軸の変形等で電磁クランプが不調でロックできない。クランプが滑るので自動導入ができないなど。手動ロックに目視導入で対応。便利なものがなかった昭和の天文ファンはこんなのあたりまえ(笑) 訪台した某天文部はアプリがないとアンドロメダ銀河さえ導入できないと言ってたのには驚いたけど肉眼で見えるような空じゃないからと聞いて納得。そんな都会の空でもデジタル観望ならいけるから、星図から導入とかはなくなっていくんだろうな。

画像

リニューアル記念撮影観望会を翌年からパワーアップした星景撮影と観察会は令和元年も引き続きおこないます。

画像

平成最後の満月

画像

予想より天気の回復が遅く満月から4時間たって日付もまわってるけど、平成最後の満月。北米では4月の満月は開花の早い野花にちなんでPink Moon(桃色月)・・・日本なら桜月かな? 

画像

ちょうど桜の季節と重なったので満月の前日に撮影。

次回の令和最初の満月は5月19日6時頃。多くの花が咲く5月はFlower Moon(花月)の別名で呼ばれる。月が高くなる頃、東の空に巨光を放つ星は木星で翌20日には月と大接近。21日未明には月と木星の間隔が1度未満まで近づく。

まあ満月に変わりはないけど(^^;
※色で呼ばれてもそんな色には見えません!

平成最後の4月30日と令和最初の5月1日の月齢24と25 月の出がそれぞれ2時半と3時なのでまたいで見れないのが残念。節目の月はそれなりに印象的なので晴れてたら空を見上げて下さい。

鮫川GW春まつり観望会

画像


宇宙のロマンとの出会い2019 春の銀河と二重星の観望会
※はるまつり詳細は→https://www.vill.samegawa.fukushima.jp/page/page000849.html
スタンプラリーもありますよ!

日時 5月3日(金)~5日(日) 午後7時30分~午後9時
    ※雨天曇天中止となりますので、ご了承ください。
場所 鹿角平天文台(鹿角平観光牧場内)
内容 春の銀河と二重星の観望
料金 無料(予約不要)

予定としては
19時半(薄明中)は火星(約4秒で天王星より1秒大きい程度)。
ふたご座のα星カストル(二重星)とM35 散開星団
20時から かに座M67散開星団とイオタ星(北の足)やM13球状星団を見ようかなと予定してます。

大人向け(身長150以下はのぞく場所に届かない)としては、
しし座γ。M3球状星団。子持ち銀河。大クマのペア銀河(M81-82)など。

画像


ブラックホールが見つかったM87銀河が今回の目玉??
ブラックホールは見えないし、ジエットの吹き出しも見えないけど
M87銀河の存在は丸い淡い光芒として見ることができます(^^;

俺の体調次第だけど(50mm標準で)双眼鏡的電子観望も予定してます(^^;

ヒアデス+すばると火星の接近(9日には月も)

画像

2019/03/31 19:26:28
F2.8 30s ISO400
T* 50mm F1.4 EOS Kiss X9
火星とすばるの接近(3/31~4/1が最接近)


火星がすばると接近して見えている。9日には細い月も並び、更にヒアデス星団食がおこり見もの&標準から望遠/直焦点までシャッターチャンスだ。

画像

画像クリックでAstroArts「細い月と火星が接近/ヒヤデス星団食」

食が始まるのが20時頃なので、月の高度が16°程度しかないので見晴らしの良い場所で見たり撮ったりしないと電線被りとか山陰で見えないとかにならないように注意! あとは晴れを祈るだけ(^^;