テーマ:星の本

天文&星空年鑑 2020年版

来年の年鑑がでそろって、天文台用に星空年鑑(デスプレーで見れるからが一番の購入理由)と自分用の藤井旭の天文年鑑(このくらいの情報量で個人的には十分なので・・・)を購入。 ざっと見ると来年の一番の見ものは火星だろうか? 今シーズンをのがすと、次回、2022年の中接近は20"を越えない12月の接近になる。条件の良い接近は13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界でいちばん素敵な月の教室

世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素敵な教室) 綺麗な写真と明快な解説でとても分借りやすいの月の話の本です。 Q&A形式で広く浅く月のあれこれが学べます。伝説や見立て呼び名などのウンチクも。 特に写真がきれい・・・それもそのはず写真は星景写真協会。 で…1枚だけですが私の作品もありますよ(^^; とにかく眺めている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤井旭の天文年鑑スターウォッチング 2019年版

発売が遅れたらしい「藤井旭の天文年鑑」が入荷。 (天文年鑑まではもう必要ないかなと こちらを買っている) 口絵を見ると、あれ鹿角平?  月食の夜に藤井さん来てたんだ! 皆既月食は晴れ間がありそうな&移動が容易な自宅前で見たけど、 鹿角平も晴れてたのね。いけばよかったかな。 まあ、路側帯から撮ってるので天文台に行っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空年鑑2019

ASTROGUIDE 星空年鑑2019 2019年の星空と天文現象を解説 DVDでプラネタリウムを見る 流星群や部分日食をパソコンで再現 (アスキームック)KADOKAWA 2018-11-30 藤井 旭 Amazonアソシエイト 年鑑がでると今年も残すとこわずか。 天文台では訪台者が見てもわかりやすい星空年鑑。 自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「四季の星座教室」に合わせて読んでおきたい本

「四季の星座教室」に合わせて読んでおきたい本を紹介します。 広く浅く入門書として図鑑はうってつけ。 星を見る前に読んでおくとより楽しく星空が楽しめるます。 お勧めは「こども天体観察図鑑 (星の手帖社こども図鑑シリーズ3 藤井 旭)」 こどもとついているけど、大人も楽しめる本格的な内容。 月や惑星、肉眼でも見える星雲、星…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年のスターウォッチング。藤井 旭の天文年鑑

藤井 旭の天文年鑑 2018年版: スターウォッチング完全ガイド誠文堂新光社 藤井 旭 Amazonアソシエイト by 個人的に使ってる、藤井旭の天文年鑑(スターウオッチング完全ガイド)の方は12/7に発売。天文年鑑もあるけどいつのまにか買わなくなった。 昔は観測年表まで買ってたのに・・・ そのうち、この時期の天文誌付録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文年鑑・星空年鑑 2017

気がつくともう12月。 来年の天文年鑑とかもう発売になっていた。 毎年同じこと言ってる。 なんか先日のことのような気がする。 (歳のせい?) 天文台で使かってる星空年鑑2017も11/30に発売。 (本のサイズが大きくフルカラー+訪台者にデスプレーで見てもらえるので 曇天時にこれから見れる天文現象の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉眼で楽しめる天文現象2016

3月23日 21時頃 半影月食  肉眼ではわからないかもしれないほど浅い半影月食。 満月の輝くが鈍くなるくらい? 月食各地予報(国立天文台)→こちら 鹿角平天文台での進行時刻 18h37.0m半影食の始め 20h47.2m食の最大 22h57.4m半影食の終り 5月8日 アルデバラン食  薄明中で潜入は望遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星の案内人

おじいさんが作ったプラネタリウムが舞台の 星をからめた癒し系マンガ。 やや強引な 熱く語りすぎな 気もするけど(^^; 出来事に神話や天文学とリンクさせてある。 (ので、星の話としても読める出来 (゚∇^d) グッ!!) 星は何も語らない。 そこに人は意味を見つける。 だから人は星を見上げ続ける。 これは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空年鑑2016

1年間の星空と天文現象を解説 ASTROGUIDE 星空年鑑 2016 DVDでプラネタリウムを見る 部分日食や流星群をパソコンで再現 (アスキームック)KADOKAWA 2015-11-30 Amazonアソシエイト by 気がつくともう12月。 来年の天文年鑑とかもう発売になっていた。 天文台で使かってる星空年鑑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレヨンしんちゃんのまんが「宇宙の旅わくわく図鑑」

クレヨンしんちゃんのまんが宇宙の旅わくわく図鑑 (クレヨンしんちゃんのなんでも百科シリーズ)双葉社 臼井 儀人 Amazonアソシエイト by 太陽系惑星や恒星、銀河、星雲、探査機や宇宙ステーションまで 広く浅く集めたビジュアル宇宙図鑑。 結構難しい内容を優しい口調で書いてあって クッション材として「クレしん」がち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スローシャッターバイブル2

スローシャッター・バイブル2玄光社 2013-12-26 Amazonアソシエイト by 管理人やまのんです。 スローシャッター・バイブル2の夜空を担当したので ちょいと宣伝(^^; さりげなく? 鹿角平天文台も写っています(笑) 撮影マニュアル本ですが、撮影以前にページを割きました。 星空初心者向…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤井旭の天文年鑑

後ろは星空年鑑。 アイソンショックで過ごしていたら、いつまにか藤井旭の天文年鑑2014が発売になっていた。 来年は皆既月食くらいで、星空は静かな年のようだ。 パンスター彗星もアイソン彗星も結局肉眼ではかなり厳しかった。 ラブジョイ彗星は肉眼でよく見えているけど、 そろそろ北半球でも大彗星が見えても良い頃なんだけどな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星座アプリ

Android端末を向けた方向の星空を案内してくれるGoogleの「スカイマップ」。 星の名や星座とM天体まで表示してくれる。 簡単にいうと電子星座早見盤。観察する時は夜間モードもあるので実用的。 月や惑星もちゃんとその日の位置で表示してくれたり、 地平線下の天体もわかるのでなかなか便利。 星のつなぎ方が微妙なものもあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ASTROGUIDE 星空年鑑 2014

天文台で使ってる星空年鑑の2014年が発売。 え! もう! 今年ものこりわずか・・・ ってまだ10月じゃないか。 えらい早いなと思ったら、アイソン彗星にのっかって早めの発売みたい。 ちなみ来年の目ぼしい天文現象は 皆既月食が一回。欠けたの月の出が1回くらいかな。 昼間の土星食とか木星金星の接近とかあるけど。 ペルセは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アストロ&天文年鑑2012

藤井旭の天文年鑑 2012年版: スターウオッチング完全ガイド誠文堂新光社 藤井 旭 Amazonアソシエイト by 藤井旭の天文年鑑 2012年版が発売されていた本屋で買ってきた。 今年も もう12月になってしまった・・・・毎年言ってるけど(^^; 藤井旭の天文年鑑の方が易しい内容だけど「天文年鑑」はもう何年も買っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カメラマン4月号/天体写真の鉄則

ちょいと管理人の宣伝です。 発売中のカメラマン4月号で天体(星景)写真の鉄則 を書いています。 5ヶ条の中に写真じゃなく天体観測の基本を二つほど入れています。 写真雑誌なので書き直し覚悟でしたが(^^; で上の写真は 顔写真に使おうかとボツになった写真です (シルエットじゃ だめじゃん!) 顔写真もちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の地形ウオッチングガイド

月の地形ウオッチングガイド誠文堂新光社 白尾 元理 ユーザレビュー:月面撮影の楽しみを深 ...Amazonアソシエイト by この本は読みあぐねました(^^; どうしても、本だけではピンとこないので、実際に月を見ながら読んだ方が楽しいと思ったからで、秋に買ったけどまだ全部読んでいません
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「星のふるさと」

かすてんさん経由で【「星のふるさと」の心】が届いた。 部数は多くはないので先着順で配布いたします。ご希望の方は訪台の際にお気軽にお声をかけてください(^^; なおネットでも公開しているのでPDFファイルで読むこともできます。 四日市市人権センター→教材:懇談会用冊子→鈴木壽壽子星のふるさとのこころ(PDF) 四日市市人権…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

星空&天文年鑑2010

かすてんさんのブログでもう「天文年鑑2010」がネタになっていたので早速本屋に買いにいってきた。 このところバタバタしていてすっかり忘れてた(^^;  それにしてももう年末なのか早いな・・・・。 アレやコレやいろいろやり残しが残ってるけど片付くんだろうか(爆) ここ数年は「天文年鑑」は買っていない。優しい内容&財布にも優しい(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宙のまにまに 天体観察「超」入門 機材ゼロでも大丈夫!

天体観察以前の事にページをさいた本。観察については基本はおさえてあるけど舌足らず(^^; 観察以前というのは星見る服装などで、初心者向けの天文書だと最初か最後に少しだけふれられている部分で、 従来の入門書では詳しく解説される事がなかった基本の基本をイラスト満載でわかりやすく解説している。 まあ似たようなこと俺も雑誌で書いてます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラスト図解 星座

本書は星座の不思議や、星座内にある見ものや話題の天体=星雲星団・二重星(見て楽しめる天体から、見るのは難しいけどハッブル宇宙望遠鏡で撮影されたネーミングがひかる天体まで幅広い)、星座に関する神話など、写真とイラスト図解で解説している。全天88星座すべてを紹介している。冒頭に基礎知識(天体の種類から、尺度まで)もあったりとてんこ盛り(^^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文&星空年鑑2009年版

「藤井旭の天文年鑑」が本屋に入ったので買ってきた。え?天文年鑑じゃないのと言われそうだけど、ここ数年は、こっちを買っている(^^;  主な天文現象をざっと見るときに便利だし、それほど細かい現象までチェックして見てないし(爆) 今はネットもあるし・・・。 年鑑より優れているのは、夕空の天体の接近などの絵になりそうな現象の図が載って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more