テーマ:天文台通信

夜空を楽しむ講習会 第一回「伝統的七夕」

鹿角平天文台インストラクター養成講座/夜空を楽しむ講習会も三年目の最終年(予定)。新型コロナの影響でどうなるか心配してたけど無事開催。申し込み開始日に満席だったのは初めてのこと。県外からの応募も・・・野外でのイベントなら多少安心とか、星空への関心が高くなってるとか、なぜなのかはわからないけどコロナ禍の自粛の鬱憤が影響したのかも?  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新スタッフジャンバー

天文台のスタッフジャンバーを新調。 GWにお披露目の予定が、イベント中止や納期が未定になったりといろいろあったけど デザイン俺だけどいいかんじ?(自画自賛) 蓄光インクでシルクプリントしたけど、強く光るのは1分程度で4分くらいかけて白と同じレベル程度まで減光。 思ったより光らないけど、星見には逆に丁度いいかな?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和2年度の主な天文現象(2020.4~21.3)と天文台イベント

令和2年度の主な天文現象(2020.4~21.3) 4月3~4日金星がすばるを通過。 金星がすばる(プレヤデス星団)を通過。8年ぶりの珍現象。 4月15~16日暁の惑星ショー 明けの空に集まった火星・木星・土星のそばを月が通り過ぎる 4月8日 スーパームーン (ただし満月は11h35m) 5月中旬 C/2017 T2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スターリンク衛星

斜めでほぼ同じ場所に何本か並んだ光跡がスターリンク衛星。横と縦の破線の光跡は飛行機。 ネット変えるとも空を汚染する・・・なにかと話題のスターリンク衛星が見える予報だったので、見に行きました。打ち上げ直後のスタートレーンの数珠つなぎも今は間隔が開いて、2~3等級の衛星が列を作り数十分以上に渡って、次々にやってきます。うわ~凄いな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

謹賀新年

今年もよろしくお願いしたします。 子の星(北極星)は星めぐりの目当て。 初心忘れることなく、星空を見上げる楽しさをここから! ◎10/6 火星準大接近 今年の一番の見ものは火星。次回の条件の良い接近は13年後の2033年。 ●6/21午後 部分日食 部分日食も2030年(北海道金環日食)までおこらない。 おまけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベテルギウスが暗い! と話題に。

AT-X 11-20 F2.8(11mm側)  EOS Kiss X9 自作YAMANONフィルター ISO1600 120秒(追尾撮影) F3.5/F2.8開 2019.11/1 23時/F2.8開 2019.12/24 23時半/F3.5 オリオン座のベテルギウスが暗いと話題になっている。 個人的にはブルーカットメガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒月(コールドムーン)

昨日は今年最後の満月。12月の満月の異名は寒月(コールドムーン)。 月の出狙ってたけど雲に阻まれる。天気勝負は毎年負けてばかりだな。 今はHDRで撮れるから逆に雰囲気でるから良しとしよう。ということは逆転勝ちだ~! まあそのくらいノーテンキに撮ってたほうが精神衛生上よろしいかと(^^; ゆるゆると年を重ねていきましょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの惑星ショー(金星と木星)

夕暮れ惑星ショーの最初の見ものの、24日の金星と木星が縦に並ぶ最接近は雨で見れなかったけど、今日は横に並んでました。この後2つの巨星は徐々に離れていきます。 次のハイライトは月がくわわる11月28日。「細い月と木星が接近し金星も並ぶ」薄明中の現象なので、スマホやコンデジでも十分に撮れる。 翌29日は「金星と月が並ぶ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空と月の教室「肉眼で探す星雲星団」

流星群の日に肉眼で見える最遠の星(アンドロメダ大銀河)や天体望遠鏡がなくても探せる星雲星団をテーマの三回目。予定ではオリオン座流星群の日だったけど大雨予報でしし座流星群の日に延期して実施。予報では曇りだったけど晴れてほっとしてます。しし座流星群といっても講座の時間はおうし群の数個しか流れない&しし群は沈静化してるし下弦の月明かりもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三回星景ワークショップ

おうし群流星と参加者。撮れた人はいなかったけどおうし群は長経路の火球も見れた(^^; やっと晴れた! ワークショップ(笑) 第一回はほぼ曇天、第二回は雲が多めと、なんとか星景写真は撮れるものの、スッキリとはいかずやっと晴れました。 初日の鹿角平天文台ロケハンは日没前から初めて、日没~夕景まで狙い、金星・水星や夕空の月と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過の周辺情報

ちょっとだけ玄関が浸水。20年くらい前に床上浸水したこともある。 台風19号直撃コースでSLFも中止…だけでなく土砂崩れで星の村天文台も孤立したとのことで、うちの天文台も心配になって様子を見に行くも、北側は2箇所も土砂崩れで脇の電柱も傾いていた。ぐるっと回って南側から天文台に。特に被害もなく、ちょっとだけ玄関が浸水とドームスカート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空と月の教室「中秋の名月」とムーングラス

第二回目の星空と月の教室は中秋の名月。 曇りなので座学でスタート。月の見立てや中秋や十五夜のウンチクなどを話しながら晴れ間を待ちます。 翌日が最遠(最小)の満月なので、五円玉の穴を使って大きさを確認して、来年の4月7~8日の最近の満月(スーパームーン)と比べる気の長い宿題なんかも(^^; そうこうして晴れてきて天文台に。満月は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月と木星の接近。9/8には土星と接近します。

昨夕(09/06)は、月のそばに木星が輝いていました。 月と木星は2°の視野になんとか入るほどの大接近だったので望遠鏡低倍率や双眼鏡で美しい眺めでした。 それにしても久しぶりに月や星を見た気がします(^^; 日曜(9/8)には土星と月が接近します。惜しいのは月没の頃が一番近づく。月没前の深夜22時ごろには約1度(満月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二回 星景写真ワークショップ

星景写真ワークショップは、ほっとはうすの座学からスタート。 このへんは第一回とかわりないので→こちらを参照ください。 天文台研修室で、天体動画などを見つつハレマチ。 ベタ曇りで、今日はだめかなと正直思ってました(^^; そのうちチラホラと星が見えてきたので、 暗い野外でセッテングやライトの使い方・マナーなどの説明。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス座流星群と「宇宙のロマンとの出会い2019」月と惑星の夏

8/12の月と土星の接近。 「宇宙のロマンとの出会い2019。月と惑星の夏」は初日は霧雨でなんにも見えず(^^; 翌日はなんとか薄雲越しに・・・観望時間終了後にきれいに晴れてきた。 夏はペルセウス座流星群にあわせたイベントなんだけど、この時期天気がいいほうが少ない(^^; 月没前の月焼けで夕焼けみたいに雲が赤い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイソーの太陽系模型(^^;

ダイソーの『3Dパズル』の太陽系模型。 ちょっとした惑星の位置の説明にいいかなと買ってみた。 百均でもたまに宇宙がテーマのものがあるね。 自由研究キットなんかだと「月の満ち欠けをしろう」なんかも面白いし「星座早見盤」は手軽に使えてなかなか。(蓄光シールを一等星などに貼るだけ。もちろん貼らなくても使える)。なお自由研究キットには…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛夏の鹿角平天文台

ミニボーグ60アクロ+ AZ-GTi 経緯台。アライメントもせず月を導入して調整して使ってるこんな雑な扱いでも月や惑星など手動で入れられる天体がメインならOK。ただしセッテングの方向は毎回ほぼ同じで見た目の水平程度は合わせてる。 久しぶりに晴れた土曜日の夜は天文台も大賑わい。 猛暑日とはいえ夜は鹿角平(標高700m)は過ごしやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明け

毎年夏合宿にきてる某高校天文部。なぜか半分曇るんだよな(^^; 南東北が一昨日、東北が昨日梅雨明け・・・でも毎日雷雨。 夜はなかなかスッキリ晴れてくれない(^^; 連日の観望会がひかえてる8月だ。梅雨明けしてくれてとりあえずホッとしてる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回「星景写真ワークショップ」2019

星景写真ワークショップは ほっとはうすの座学からスタート。 テキストが昨年より厚くなっていた。座学も昨年より濃い目(笑) 1年の進歩なのかこなれ感なのか(^^; 天文台の解説でもそうだけど、繰り返すことで洗練されていくんだよね。 実機を触って設定する。メニューを操作したことないひとも(^^; おすすめのライトや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙のロマンとの出会い2019」月と惑星の夏

「宇宙のロマンとの出会い2019」月と惑星の夏 8/11(日)・12(月)19時半~21時 鹿角平天文台 雨天・曇天中止。 今年はアポロ11号から50年目の夏。この夏は月に注目! ほぼ満月の月は主鏡では非常に眩しいので、透過投影法や減光フィルターを使って観察します。 星を見るには月明かりはすごく邪魔ですが、月明かり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回「星空と月の教室」

雨天で星が見えず、飛び入りでS.P.V(郡山市ふれあい科学館ボラ)の星のソムリエのS1君の講座(^^; 七夕の夜に第一回「星空と月の教室」をおこないましたが、残念ながら曇天・霧雨 星見の基本や七夕の話、星座早見盤作りなどをして終了・・・星の見えない天文台はいろいろつらい(^^; 昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群雲越しの月と木星。今夜はストロベリームーン。

昨夜のほぼ満月と木星が接近していました。雲が多いけど天然減光フィルターになってくれたので、月の模様と一緒にガリレオ衛星も写っています。 写真を撮った深夜で約3°の接近でした。 今夜(06/17)は満月です。土星と木星の間に満月が輝きます。6月の満月はストロベリームーンの異名がありますが、いちご色に見えるということはありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWの観望会と電子観望

公開観望会最終日の5日。曇りの予報が晴れました。 曇りがちの連休前半も後半3日からの令和最初の公開観望会は天気に恵まれました。連日50人以上の訪台者がありました。雲りがちの3日が一番多い80人なのは残念でしたが(^^; 春は地味な天体が多いので、電子観望もやってみた。スマホの星図をタッチして導入体験もしてもらったけど…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

令和最初の観望会。

連休は前半は天気が悪く観望会は中止ばかりでしたが、令和最初の観望会はよく晴れました。終了後に撮った写真が(前日は雨で昼間にも撮らなかったので)令和ファーストショットとなりました。 観望会は19時半からです。 GWの日没は18時半頃なので19時頃こられてもまだ星は見えませんよ! 今年のGWは二重星と銀河の観望になってます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平天文台の平成

平成元年(1989年) ふるさと創生一億円事業の一環で鹿角平天文台の計画ができる。日大・原正人ゼミが主催した鹿角平大観望会で当時の村長が星空の美しさに感激したのがキッカケだとか。 平成2年~平成3年(1990~91)2年秋に天文台が完成し翌年春に鹿角平天文台オープン。 平成7年(1995)空前のアウトドアブームの影響なのか、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

令和元年度の主な天文現象と天文台イベント

令和元年/2019年度主な天文現象 2019年(平成31年) 4月9日宵 月と火星が接近+ヒヤデス星団食。 2019年(令和元年) 5月7日未明 みずがめ座η流星群が見頃。 7月4日暁  月と火星と水星が集合 7月下旬 木星・土星が見頃(観望時間内で) 7月17日未明 半影月食(月没帯) 7月28日未明 ヒヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば鹿角平天文台

管理人やまのんです。 私事ではありますが、本年還暦で定年です。また多忙に付きブログ更新を止めていましたが、本当は癌摘出の手術でした。経過は順調ですが神経と舌の一部を削り、現在治療中の陽子線治療の副作用が1~2年残りしゃべるのが難しく解説が困難なため、このまま新年度前に引退を決意しました。 ブログも訪台者の殆どが見てないことがわか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

渡部潤一講演会「宇宙生命は存在するのか?」

白河市で渡部潤一先生の講演会を聞いてきました。 SLFなんか飲んでる先生しか見てないので新鮮(^^; 持ちネタのアイソン彗星からスタート。 日本で唯一現存する会津藩の天文台遺跡など県内関係の話を交えて 本題の「宇宙生命は存在するのか?」に。 10年以内には答えが出るとのこと。 系外惑星の通過時のスペクトル吸収線による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棚倉町の星空観察会

鹿角平天文台に限らず星空観察会は各地で開かれています。 そんな地元の催しにでかけて観察してみてください。 天文台でいきなりみるより、星を見慣れた目になるので より深く鑑賞することができますよ。 また天文台では星空や天体を見るがメインなので、 星座神話などはほぼ語りませんが、 プラネタリウム主催の観察会ではそんな話も聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平天文台からカノープス…

天文台の星見広場から、伐採で南の一角だけちょっとだけ視界がひらけた。 雑木林の隙間が増えた程度だけど(^^; もしかしたらこの雑木林の中を横切る姿が見えるかも? と期待。 結果は南中になっても見えず。 τPup (2.9等)/南中高度 2.5°が見えただけ。 ステラで重ねてみると稜線の高度 は 1.2°くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more