テーマ:惑星

火星と天王星の接近+α

地味な接近ですが、火星・天王星の接近しています。火星を目印に天王星を見つけるチャンスです。双眼鏡で同視野(約2°)で、星図と見比べないとちょっとわからないかも? 流して撮ると天王星の青緑の光跡が素敵です。明日は月が火星と天王星に接近して7度の視野内におさまります。 火星と天王星が大接近(アストロアーツ) 暗くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの惑星ショー(水星・土星・木星)

今日の夕暮れは木星を目印に土星・水星を探しました。肉眼で土星がなんとか。水星のほうが低いけどよく見えました。双眼鏡があれば探しやすいでしょう。明日は10日は水星が土星と並び、ほとんどの双眼鏡で視野内に3惑星が収まります(3度の視野円の中)。夕陽がよく見えるような西が開けた場所で、まずは木星を目印に探して見てください。 夕空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木星・土星の超大接近(2020/12/21-22)

12/21に木星・土星の超大接近という稀な・・・望遠鏡が発明されてからこの超大接近が見れたのは今回が初めてのことという現象がおこりました。このような接近は次回は80年後だそうです。 ちなみに20年ごとにおきる木星・土星の次回の会合は2040年10月末の明け方に約1°の接近。11/3には200mm望遠(35mm換算)で、月・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平天文台と3天体会合(月・木星・土星)

大接近中の木星と土星に細い月が加わる星景的にベストな接近(天文ファンには前座で本番は12/21の最接近だろうけど(^^; 星景的には接近しすぎて厳しい)。 次に月・木星・土星がまとまって撮れるのは2040年(11/3明け方)で、更に水星・スピカも35mm換算で200mmの画角に入るゴージャスさ。20年後だからギリギリいけるか?) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近づく木星と土星。

接近中の木星と土星。土星の環がわかる倍率まであげても木星が同視野にみえるようになってきた。いよいよ接近週間の始まり。星景的には月がくわわる16日~17日がシャッターチャンス。 星景写真だと今回の木星と土星の超接近のメインだろう。天文ファンにはプレイベントだけど・・・木星と土星が超接近は12/21-22で、見たり撮ったりする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月と金星の接近

今朝(12/13)は月と金星の大接近があった。なかなかない星景向きの低空での大接近。次回は来年1月12日だけど新月1日前と条件が厳しく今回の倍以上離れている。 月と金星の接近は毎月あるけど、よく見える(映える)条件は意外とすくない。しかも晴れてくれないとどうしようもない。こんかいも電柱の向こうの霧がこっちまでこなくてよかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ISSと月と木星・土星。

野口さんが搭乗していてタイムリーな国際宇宙ステーション(ISS)の夕方のパスと月と惑星の会合が一緒に撮れのでカメラをむけてみたけど雲多し。あまりきれいには撮れなかった。ISSは明日(11/20)も8時20分頃に西の空低くに見えます。→「きぼう」を見よう 次に月と木星・土星が近づくのは12月17日です。5度の視野にすっぽり入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠ざかる火星

11月になって寒気が入ってきやすくなったので、どうにもならない見え方だったりしてますが、昨夜の火星は、シーイングが悪いながらそこそこの像。 最接近から一ヶ月以上たつので欠け際がわかるようになってきた。縁のあたり~極にかけてがモヤみたいな白い部分が目立って見えた。右手に白く輝く部分が見えたけど、黄雲〈ダストストーム)が広がったもの?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星とうお座77番星の接近

ミニボーグの高倍率で火星を見ていたら、近くに重星があって驚いた。調べたら、うお座77番星(6.8等と7.6等のペア 離角 33.0″)だった。たまたま今日(10/27)が最接近/角距離 0゚09' で翌29日には倍くらい離れて 0゚18・・・火星も動きが早いね。 主鏡で26日深夜の火星。そろそろ冬の寒気が忍び寄り悪シーイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星が見頃。

2020.10/18 22:02 M:ISO1600 60/1(2分50:50%)35cm主鏡×8mm 2/1)OM-D E-M5 Mark III 久しぶりに夜晴れました。火星準大接近の夜以来安定して晴れました。ここまで天気の悪い10月はないんじゃないかなと思う曇天続き。もしかしたらこの辺(北関東~南東北)だけのような気もす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星準大接近の夜

2020-10-07 0h38m  35cm主鏡×ハイペリオン24-8(8mm側)OMD:EM5動画(2m14/50%) ISO1000 60/1 昨晩(10/6)は火星が準大接近。前回2年前の大接近は、火星に大砂嵐が発生して表面が見えずらかったりしてあまり盛り上がらなかった。今回の準大接近はコロナ禍で(完全予約・1組限定の運用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名月なので「火星の月」見。

10月1日の中秋の名月はスッキリ晴れて「名月を見る講習会」も大満足。ちなみにこの日は十五夜だけど満月でなく、ちょっぴり欠けてます。翌朝に満月です。なお今月は10/31にもう一回満月です(珍しいということでブルームーンと呼びます。しかも今年最遠・最小の満月/ミニマムムーンです)。 火星の最接近(10/6)の名月なので、ついで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更に近づく火星

一部のキャンプ場はすごい混雑だったみたいだけど、連休の鹿角平は例年より静かでした(^^; 天文台はまだコロナ対策中で開店休業中。もっとも残念な天気の連休だったので、なにも見れなかったけど・・・。 21日に薄雲ごしになんとか火星が見れた。普段ならこんな天気じゃ見ないけど週間天気が最悪で、火星があと2週間ほどで最接近となるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近づく火星

望遠鏡で見た火星をブログで取り上げるのは、2018年09月の「遠ざかる火星」以来。小口径(77ED)でも欠けている様子はもちろん、表面の模様、白く輝く小さな極冠もよく見えるようになってきた。秋の準大接近はよく見えるのでこれからが楽しみ。 肉眼で見た火星付近は明るい星が少ない秋の空なので火星のみが巨光を放ってる。他に目立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の月と惑星の接近

昨夜は土星・木星・月がキレイに並んでいました。 以下画像リンク先はアストロアーツ 今夜(8月2日)は月と土星が並びます。 その後は8月9日 月と火星が接近します。 8月16日 には細い月と金星が接近して、写真的にも絵になります。 その後一周りして、8月中の8月29日 に月と土星が接近します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木星・土星

7/22に撮影。昨年は大赤斑が縮小が話題になりました。昨年は大赤斑が縮小が話題になりました。たしかに以前の画像と比べるとかなり小さくはなってます。眼視では赤みは増していて見やすくなっています。 縞消失した2010年ごろの木星。2000年代は大赤斑なのに白ぽかった(^^; 8月から天文台での見頃をむかえるのは木星と土星。木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今シーズンの木星と土星

今シーズンの木星と土星は、いて座のはずれ…夏と秋の星座の中間くらいに並んで輝いています。 木星・土星が天文台の観望時間に見頃は8~9月なのでまだ先です(真夜中に南中する天文ファンの観測シーズンの衝は7月中頃)。 映像の変な音はヨタカと蛙の鳴き声。初夏の夜はドーム中まで聞こえます。鹿角平天文台では、夏になると虫の声が優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けの明星(内合3日後の金星と今年後半の金星の見もの)

6月4日に金星が内合だった。この細い金星を撮ろうと狙ってたけど連日曇天でやっと晴れた。内合3日後の金星だけど十分細いと思う(自己記録は内合二日前)。 世の中には、内合の金星を撮ったというすごい人もいるけど(^^; さて金星は宵の明星から明けの明星に変わったので、今後は夜明けの前の空に見えることになる。 7/10に最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細い金星のある景色を撮る。

6月4日(木)の内合にむけて、金星がどんどん太陽に近づき、高度を落とし細く大きくなっているので望遠レンズでもその形が写る。地上のシルエットが写るのは、内合近くだけなので先週は狙って撮っていた。まあ何年も狙ってるけど、うまく雲がなかったり、霞んで金星がボケてたりと山の端にちかい没景色は運次第なところがあるけど。 那須連峰に沈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木星と土星+月の接近(今シーズンの木星と土星)

今朝は3天体(木星・土星・月)が三角に並んでました。双眼鏡(視野7度)で同視野におさまるちょっと珍しい光景でした。 今シーズンの木星と土星は、秋の星座の中で並んで輝いているので、月が接近するたびに3天体が並びます。毎回並び方や形は違います。 木星と土星は観望会時間(19時~21時)では夏に見頃になります。そのころのには天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーン&スカイグローフィルター

SVBONYムーンフィルター月・惑星観察用 月面がかなり青味がつくので、クール調でシャープに見える。色のメリハリやコントラストが若干ついたような気がする。木星の模様はコントラストが上がって縞の赤味が強い。細かい模様は変わらず。火星に効果があるとのことで、今秋がたのしみ。土星は若干シャープに見える。色味のせいかなとも思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの月と金星。

今夕の月と金星。明日(04/26)はもっと近づき、美しい夕暮れとなります。西に開けていれば自宅の窓やベランダから見ることができます。 また月を目印に昼間の金星を探すチャンスです。金星は28日に最大光度(-4.5等)になり、昼間に肉眼でも見える時期なので晴れたらぜひチャレンジしてみてください。14時頃にほぼ頭上にあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキースターの水星が見やすくなってます(2月10日 水星が東方最大離角)

なかなか見れないため見れたらラッキースターの水星が見やすくなってます(2月10日 水星が東方最大離角)。 夕方の空では、今年2番めに高度が高くなっています(日没時高度18°)1番条件の良い東方最大離角は6/4なので、冬のクリアな空も加味すると、今年一番見やすいかもしれません。 水星はすぐ高度が下がって見づらくなりますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海王星とφAqr

海王星(8等)はみずがめ座φ(ファイ)星:4等を目印に見つけやすい。 そのφに超接近してたと知ったのは翌日のツーイト(^^; ステラで確認すると翌日でもアルビレオ並みの近さでまだ見ごたえあるだろうと望遠鏡を向ける。 美しい偽二重星。倍率をあげると海王星は円盤状に見えてくる。 トリトンは見えてないけど写っていた。前日はこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水星が意外と夕空で見えてる。

6月6日の月・火星・水星。 水星が見やすくなる東方最大離角は6月24日だけど、そろそろ夕方の西北西の低空で意外と見えている。 18日ごろは火星とかなり接近して見える(0.3度の超接近。晴れてればぜひ)。 7/4には月も加わる・・・見晴らしの良い場所で双眼鏡がないと見れない(空がまだ明るいので)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今シーズンの木星と土星

天の川を挟む木星と土星の位置。 ●は8/1の位置。 木星は7~9月が天文台観望時間に見頃(6/11に衝)。 土星は8~9月頃(7/10に衝) ※衝は真夜中に南中で一晩中見える観測シーズン。 天文台の観望時間は19時半~21時頃なので見頃がずれます。 木星の大赤班が変だと言うので望遠鏡を向けてみた。シーイングがイマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今シーズンの木星と土星の位置

木星がどっぷりと天の川に浸かっているので、天の川を見たことない人はぜひ木星を目印に天の川を探してください。月がない夜に光害の少ない場所にいったら見えますよ。今頃の木星は21時頃昇ってきて深夜過ぎに見頃になります(6/11に衝=真夜中に南中で一番高く上るので、天ファンはもう観測シーズンですね) 木星は真夜中の明星の別名があるように、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の夕暮れ(月と土星とマックホルツ・藤川・岩本彗星)

新月期の週末を狙ったように初雪(^^; 明けた日曜の夕暮れは晴れて、 月と土星が接近が見られました。 さすがに、低空で土星は楕円に写るだけでしたが、きれいな眺めでした。 夕暮れの細い月と明るい惑星の接近は今年はこれで終了。 来年4月の火星との接近までない。 逆に明け方は、1月2日に細い月と金星が大接近。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太陽近傍の金星

2018.10/30 9:45 Canon EOS Kiss X9 EF-S55-250mm F4-5.6 IS A(F16/ISO100) ピクチャースタイル/クリア 10月26日に金星が内合で細い金星を狙うチャンスだったけど スッキリ晴れずに断念。 今日は弱い冬型でかなりクリアな空なので 多少は離れたけどまだ太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月と火星

昨夜は月と火星がかなり近くで並んでいました。 次回は11月16日で今回の倍近く離れて並びます。 ついでなので、3時間での月の移動と変化。 目立つ星があると、月が移動しているのに肉眼でも気が付きます。 模様の方は望遠鏡で欠け際を見ると、 日のあたりぐわいが変化しているのに気が付きます。 火星の方は、高度が低くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more