鹿角平天文台通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 土星が見頃

<<   作成日時 : 2017/08/02 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

天文ファンの見頃の衝(真夜中に南中で一晩中見える)が過ぎて
土星が天文台の観望時間に見頃になっています。
空の条件の良い場所で月明かりのない日なら
天の川のど真ん中にいるのがわかります。
8/3 8/30 9/27 10/24には月と並ぶので
月を目印に土星を探すこともできます。

画像


8月中は観望時間(19時半〜)にほぼ南中です。
9/12に東矩(日没時に南中)なので
観望時間(19時〜)の最初になんとか見頃ですが
徐々に西に低くみずらくなっていきます。
10/17に環の開きが最大になりますが
低空で望遠鏡で見るのは条件が難しくなっています。


画像


?と思った人もいるかも知れませんが、
毎年 土星を見ていると環が変化していることがわかります。
土星は傾いた状態で公転しているため、
土星の赤道面に沿って広がっている環の見え方は、
年々変化します。
今年の土星は環が最大に開いた状態
(最も地球の方向に傾くような位置)
で環が見頃の年です。
環が開いていると環の構造が見やすくなります。

天文台の望遠鏡で土星を見ると
環が何重にもなっているのがわかります。
中でも明るいA環と幅が広く明るいB環や、
A環とB環の間にある
カッシーニの空隙と呼ばれるスキマが見事です。

画像

画像クリックで国立天文台:土星が好機


環は来年から徐々に閉じていき
2025年に環の消失がおきます(横からみるので見えなくなる)。

この変化を確かめに
土星の観望シーズンに毎年どうぞ(笑)
数年間はいて〜やぎ座にいるので、夏休みに見頃です。


カッシーニの探査のハイライト

AstroArts土星を見よう(2017年)

国立天文台:土星はこれからが観察の好機!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土星が見頃 鹿角平天文台通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる