雪の鹿角平(冬期情報ー2021.01/26)

久しぶりに雪原になりました。去年も一昨年も、快晴の夜まで雪が持たずまだらな雪原だったので2017年以来。 雪の翌日の最高気温が10°で融けるのも早い(^^; 道路に雪は除雪されてほぼありませんが、路肩の融けた雪が夜間には道路をつるつるに凍らせてます。ドライとウエットな路面が交互にでてくるのでやっかいです。満月期なので訪れ…
コメント:0

続きを読むread more

スマホでアストロデジスコ(BORGプラ鏡筒編)

ガラケーからの乗り換えで星が写るスマホを手にした。その写りには驚愕! 更に主鏡くんにつけて写したらあまりに凄まじくて天体写真はもうスマホでいいやと思うレベル。主鏡/35cmだからかなと小口径屈折であれこれ撮ってみたらこれも悶絶する写り BORG 76アクロ×PL26mm Pixel4a ISO553 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星と天王星の接近+α

地味な接近ですが、火星・天王星の接近しています。火星を目印に天王星を見つけるチャンスです。双眼鏡で同視野(約2°)で、星図と見比べないとちょっとわからないかも? 流して撮ると天王星の青緑の光跡が素敵です。明日は月が火星と天王星に接近して7度の視野内におさまります。 火星と天王星が大接近(アストロアーツ) 暗くな…
コメント:0

続きを読むread more

Pixel 4aで天体写真(アップデート後)

オリオン大星雲 主鏡35cm ×WS40mm Pixel4a 天体写真モード(全自動なのでISOも露出も選べないけど参考に。ISO386 4分=16秒×15 大星雲以外はISO千超なので天体写真モードでもAEがちゃんと働いてるのね。 昨年12月に「Googleカメラ v4.2」のアップデート版が公開。天体撮影に関しては変更点はな…
コメント:2

続きを読むread more

夕暮れの惑星ショー(水星・土星・木星)

今日の夕暮れは木星を目印に土星・水星を探しました。肉眼で土星がなんとか。水星のほうが低いけどよく見えました。双眼鏡があれば探しやすいでしょう。明日は10日は水星が土星と並び、ほとんどの双眼鏡で視野内に3惑星が収まります(3度の視野円の中)。夕陽がよく見えるような西が開けた場所で、まずは木星を目印に探して見てください。 夕空…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

本年もよろしくお願いいたします。 丑年なのでベタにおうし座です(^^; 昨年はコロナ禍で休台期間が多く、観望会も人数制限など自由にできませんでした。 今年もその影響は続くかと思いますが、本年もよろしくお願いいたします。 野外で主鏡の映像を見れる電子観望もどきの安価なシステムも検討中です(^^; ◎天文台でなくても望…
コメント:0

続きを読むread more

天文月報

鹿角平天文台の運営にかかわってくれているYさんが、東京大学木曽観測所の夜天光全天カメラでとらえたしし座流星雨(2001年)の未公開フィルムを、このまま埋もれてしまうにはもったいないとデジタル化。その作業を含めて天文月報で紹介している。20年もたつとフィルムの反りが手強く、保存状態が良好でもカビ・傷に難儀したとか。 天文月報は天…
コメント:0

続きを読むread more

木星・土星の超大接近(2020/12/21-22)

12/21に木星・土星の超大接近という稀な・・・望遠鏡が発明されてからこの超大接近が見れたのは今回が初めてのことという現象がおこりました。このような接近は次回は80年後だそうです。 ちなみに20年ごとにおきる木星・土星の次回の会合は2040年10月末の明け方に約1°の接近。11/3には200mm望遠(35mm換算)で、月・…
コメント:0

続きを読むread more

北十字とベツレヘムの星(土星・木星の会合?)

Xmasネタということで、2020.12/22の夕方の星空。 右手に夏の大三角。淡い天の川にひたるのは北十字(はくちょう座)。 左に輝くのは土星・木星の会合。この会合がクリスマスツリーの一番上にあるベツレヘムの星という説がある。 「ベツレヘムの星」はイエス・キリストが生まれた時に輝き始めたと言われている星で、金星、彗星、超新星…
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平天文台と3天体会合(月・木星・土星)

大接近中の木星と土星に細い月が加わる星景的にベストな接近(天文ファンには前座で本番は12/21の最接近だろうけど(^^; 星景的には接近しすぎて厳しい)。 次に月・木星・土星がまとまって撮れるのは2040年(11/3明け方)で、更に水星・スピカも35mm換算で200mmの画角に入るゴージャスさ。20年後だからギリギリいけるか?) …
コメント:0

続きを読むread more

ふたご座流星群2020

例年安定した天候の時期なのに連日曇天予報。どうもここ数年のふたご群極大日はなぜか曇る俺だけかな(^^; 冬の気候パターンが過去の例からズレ出来て晴れが減ってる気がする。 極大日はだめそうだから前日に・・・前日も曇りで、はやばやに諦めて仮眠して月と金星のランデブーに目覚ましをセット。なんと快晴になりみごとな朝焼けに。 ふた…
コメント:0

続きを読むread more

近づく木星と土星。

接近中の木星と土星。土星の環がわかる倍率まであげても木星が同視野にみえるようになってきた。いよいよ接近週間の始まり。星景的には月がくわわる16日~17日がシャッターチャンス。 星景写真だと今回の木星と土星の超接近のメインだろう。天文ファンにはプレイベントだけど・・・木星と土星が超接近は12/21-22で、見たり撮ったりする…
コメント:0

続きを読むread more

月と金星の接近

今朝(12/13)は月と金星の大接近があった。なかなかない星景向きの低空での大接近。次回は来年1月12日だけど新月1日前と条件が厳しく今回の倍以上離れている。 月と金星の接近は毎月あるけど、よく見える(映える)条件は意外とすくない。しかも晴れてくれないとどうしようもない。こんかいも電柱の向こうの霧がこっちまでこなくてよかっ…
コメント:0

続きを読むread more

天体観測用ライトSG-L02

ビクセンからでている天体観測用ライト。5千円以上と高いので、躊躇してたんだけど世界一暗いライト(笑)に惹かれて買ってみたら大正解。電球色のヘッテンが欲しかったのと、初代の電池からリチュウム。ライトの切り替えなどが変更になって使いやすく便利になったのが決め手。 その一つが点灯の仕方。スイッチ一個で兼用しているモデルの場合は、白・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪

例年よりかなり遅れて初雪となりました。 すぐに融けてしまったので、道路に積雪にはなりませんでしたが これからの季節は夜間凍結・積雪に注意が必要です。夏(ノーマル)タイヤでの来福は危険です。 道路情報や天気予報をこまめにチェックを! →●県南地区道路状況/ライブカメラ 冬期情報 天気予報(tenki.jp) GPV …
コメント:0

続きを読むread more