鹿角平の星空【6秒】CM

鹿角平天文台は、標高708メートルの位置にあります。施設は草原が広がる丘の上にあるため、周辺の人工の光の影響を受けることがなく、360度の視界が開けていることから、絶好の天体観測ポイントとなっています。 「ふくしまの魅力、6秒でギュッと。」 ▶︎福島県公式チャンネル もっと 知って ふくしま!の鮫川村の6秒CMは鹿角平の星空で…
コメント:0

続きを読むread more

偽月面A(月面AA もしくは ツインA)

2020/02/07 23:15 BORG 77EDⅡ×1.4(f714mm F9.2) KissX9 2/7は月面Aが稀に見る好条件でしたが薄曇りでした。月面Aは条件が悪いとΛしか見えないときもあるので期待してたんですが、それでも快曇にならなかっただけよかった(^^; 月面Aが現れAの下にΛがでてきて、♢ ぽくなる時刻に、月面…
コメント:5

続きを読むread more

ラッキースターの水星が見やすくなってます(2月10日 水星が東方最大離角)

なかなか見れないため見れたらラッキースターの水星が見やすくなってます(2月10日 水星が東方最大離角)。 夕方の空では、今年2番めに高度が高くなっています(日没時高度18°)1番条件の良い東方最大離角は6/4なので、冬のクリアな空も加味すると、今年一番見やすいかもしれません。 水星はすぐ高度が下がって見づらくなりますが、…
コメント:0

続きを読むread more

月面 LVE-X

クレーターは全部Oに見えるのでどれでも好きなやつで。 Oの代わりに矢が刺さってる型のクレーターで、月面 LVE(かなり強引) 月面XとLOVEがほぼ同時に2月1日に見えていました。月面Xが終わったころにLやEが見えだすことが多いので今回はXとタイミングが合ってい…
コメント:2

続きを読むread more

星の文化史事典[増補新版]

星の文化史事典[増補新版] 太陽や月、惑星や星座、銀河、流星や隕石、さらには暦や占星術、宇宙論など、世界各地に伝わる星の物語を2000以上集めた百科事典の増補版。星の伝説やお話はだいたいがギリシャ神話。たまに日本や中国の話などがよく知られたところ。あまり知られていないインドやマヤなど世界各地の話を収録。世界は広いし星の見方も様々で…
コメント:0

続きを読むread more

スターリンク衛星

斜めでほぼ同じ場所に何本か並んだ光跡がスターリンク衛星。横と縦の破線の光跡は飛行機。 ネット変えるとも空を汚染する・・・なにかと話題のスターリンク衛星が見える予報だったので、見に行きました。打ち上げ直後のスタートレーンの数珠つなぎも今は間隔が開いて、2~3等級の衛星が列を作り数十分以上に渡って、次々にやってきます。うわ~凄いな…
コメント:2

続きを読むread more

SVBONY UHCフィルター

ノーマル機でも赤い星雲を写せる&光害の影響をカットできるというので、中華製 UHCフィルターを安かったからつい購入(^^;  光害の代わりに満月の月明かりの中でオリオン大星雲を撮影してみた。 画像左側が ノーマル機/撮って出し ・  ノーマル機/赤を強調 ノーマル機+UHC/撮って出し・ノーマル機+UHC/背景色調整 右側は…
コメント:0

続きを読むread more

中華電子マウントアダプターは星景に使えるか?

Commliteのみ(画像間違い防止で)ホワイトバランスを青よりにしてある。 TokinaAT-X 11-20 PRO DX F2.8で恒星でピントを合わせた場合の指標位置と星像。こうして見るとAPSとM4/3はそれほど差はないだね。EOSにつけた画像をオリジナルと表記。 Commliteはフランジバック長がまったくあっていない…
コメント:0

続きを読むread more

激安中華アイピース

とっかえひっかえ見比べ中。 SVBONYの 接眼レンズセット(4mm 10mm 23mm) ¥3,660 セールに引っかかってついポチった。意外と評判がいいらしいし双眼装置にいいかなと(^^; プラスチックの非球面レンズを使って安く軽いアイピース。セットで買うと一本あたり1220円の激安アイピース。この値段でまともに…
コメント:2

続きを読むread more

今年最初の満月は半影月食

今年最初の満月は半影月食でした。肉眼でもかすかに薄暗いのがわかる程度で、写真のように欠けてる感じはなし。薄~い雲がややあったので見やすかったけど進行はあまりよくわからない。これは双眼鏡や望遠鏡でも同じで、すすボケた範囲が広がっていく感じでした。(^^; 後半の画像がないのは、半影で早朝ということもあり食の最大を見て撮ったら…
コメント:4

続きを読むread more

謹賀新年

今年もよろしくお願いしたします。 子の星(北極星)は星めぐりの目当て。 初心忘れることなく、星空を見上げる楽しさをここから! ◎10/6 火星準大接近 今年の一番の見ものは火星。次回の条件の良い接近は13年後の2033年。 ●6/21午後 部分日食 部分日食も2030年(北海道金環日食)までおこらない。 おまけ…
コメント:0

続きを読むread more

ふたご座流星群2019

極大翌日15-16日の双子群の火球。前日と一転して穏やかな好天・・・なぜ(^^; 2019年のふたご座流星群極大日(14-15日)は見事に曇り。昼間はあんなに晴れてたのに夜になると曇りどころか時雨れのち暴風と荒れ模様。去年に引き継続き今年もかよ・・・夏のペルセは曇られる確率が高いけど、好天が続く冬のふたごだったんだけど、気候パター…
コメント:0

続きを読むread more

寒月(コールドムーン)

昨日は今年最後の満月。12月の満月の異名は寒月(コールドムーン)。 月の出狙ってたけど雲に阻まれる。天気勝負は毎年負けてばかりだな。 今はHDRで撮れるから逆に雰囲気でるから良しとしよう。ということは逆転勝ちだ~! まあそのくらいノーテンキに撮ってたほうが精神衛生上よろしいかと(^^; ゆるゆると年を重ねていきましょうか…
コメント:0

続きを読むread more