本年度の星空&星景講座は無事終了。来年も開催決定!

11月になれば鹿角平も静かだろうと思ったら、キャンプの方が意外といて、収拾がつかない(講座と通常の観望をするのはスタッフ不足&小さな天文台なので)。
来年度は、星空講座は夏休み以外の平日の夜。
星景写真講座は日~月の日程になりそうです。
詳細は来年度に決定しだいお知らせします。

画像

11/3の鹿角平天文台-第4回インストラクター養成講座「四季の星座教室」は満天の星空。
やっとこの講座でスッキリ晴れました(^^;
野外で肉眼で見える星雲星団を見つけて、双眼鏡や小型望遠鏡で見て、
天文台の主鏡で見ました。
星空には様々な天体があり、天体望遠鏡がなくても肉眼や双眼鏡でも楽しめる天体があることを知ってもらえたんじゃないかなと思います。

画像

電子観望もやってみました。こちらは野外でやった時は、ノートPCのモニターが眩しいと不評だったので、研修室にケーブルを引き込んでTVで見てもらったら大好評。
電子観望は明るい場所で見れる環境にするのが大事なんだろうと思います。
あと室内なので寒くなく見れるのは、この時期ならではの事情が好評の一因かも?
ちなみに導入は音声制御(笑) 窓の外に見たい天体を言うと導入してくれるという凄いハイテクローテク。操作人によっては自動導入より早い(^^; (室内につないであるので、野外ではモニターが見れないので、鏡筒バンド+ファインダーで対応。ピントは最初にあわせておいて固定してあります)

この夏は4惑星があって多少天気が悪くても助かったので、
来年は月が見れる日程も入れて、星座というより夜を楽しむ講座にしようかなと思っています。

画像

11月10日(土)は第3回星景写真ワークショップ
絶好の天気予報だったんですがご覧の通りの天気。時間が経つほど雲が厚くなる始末(^^;

画像

晴れ待ち中。
鮫川村からホットミルク(ジャージー牛)とおからドーナツの差し入れ。
野外の様子はモニター(ToupCam+14mmF1.4TVレンズ=100mm相当)で監視してます。

10時過ぎまで粘ったけど晴れず、残念ながら星空は見れず撮れず

画像

なぜか講座終了後、撤収したらきれいに晴れてきました。
天文あるあるですね(^^;

画像

諦めの悪い人たちの(モニターや作業灯りの)地上の星と鹿角平の満天の星(笑)

コレに懲りずに来年も参加をお待ちしてます。

参考までに、こんな講座でした。
第1回「四季の星座教室」
第2回「四季の星座教室」
第三回「四季の星座教室」


第1回星景写真ワークショップ

✖第2回星景写真ワークショップは荒天にて講座のみ。※台風24号の影響




東屋の作業灯はビデオライト+100均の赤下敷きを利用しています。
調光と首振りヘッドがあるので、照らす向きや明るさが変えられます。
展開・撤収時は白色光。撮影時は赤もしくはOFFにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック