棚倉町の星空観察会

画像

鹿角平天文台に限らず星空観察会は各地で開かれています。
そんな地元の催しにでかけて観察してみてください。
天文台でいきなりみるより、星を見慣れた目になるので
より深く鑑賞することができますよ。

また天文台では星空や天体を見るがメインなので、
星座神話などはほぼ語りませんが、
プラネタリウム主催の観察会ではそんな話も聞けます。

観察会は役場(役所)の広報誌なんかに載ってます。
天文台やプラネの観察会はパオナビでも調べられます。

画像

広報にしか載らないような棚倉町の倉美館でおこなわれた観察会にでかけて見ました。年数回・不定期で開催してるとか。

画像

30人ほどですが思ったより参加者がいる・・・星空に興味ある方は結構いるということですね。こどもと保護者・年配の方がほとんど。若者など中間年齢層は皆無・・・そうなるとやっぱり行きやすい町中の施設だよね。アクセスの悪い鹿角平天文台とはこうはいかない(^^; 
あと広い研修室もいいなうちは10人も入れないから(^^;

画像

研修室で星座早見盤作りと使い方など、プラネタリウムで冬の星空。星のソムリエの方が講師です。今日は冬のダイヤモンドにまつわる星座の話や番組。講師の方が星めぐりの歌を歌ったり演奏しててびっくり。俺がやったらジャイアンだからこれは真似しないようにしよう(^^;

画像

ちなみに中央のミノルタのプラネはオブジェ(故障放置)でステラドームプロ(東北でここだけ)のプラネです。
棚倉町文化センター(倉美館) プラネタリュウムは事前申し込みで利用ができます。昼間はここで星空の知識をいれて夜は天文台で本物をみるなんて使い方もいいですね。

画像

プラネのあとは星空観察会。プラネで見たものをすぐ実際の星空で確かめられるのはいいな~。施設・駐車場を消灯して観望。隣接するルネッサンスの外灯が明るいから、影になるエントランスで観望。視界は限られるけど風よけにもなってgood!

画像

講師一人でどうするのかなと思ったら、外には町の天文愛好家の方がそれぞれの望遠鏡で待機。3班に別れて(星空・望遠鏡×2)て星空観測会。冬のダイヤモンドを探したり、望遠鏡ですばるやオリオン大星雲を観望。やっぱりというか一人で受け持てる&スムーズに見せられる人数って10人あたりだな。

観察会後にそのまま解散となりました。開始の頃は小雪がチラついていたけど、晴れてきれいな星空が見れました。なんだかんだいっても晴れて見れるのが一番ですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック