令和元年度の主な天文現象と天文台イベント

画像


令和元年/2019年度主な天文現象

2019年(平成31年)
4月9日宵 月と火星が接近+ヒヤデス星団食。
2019年(令和元年
5月7日未明 みずがめ座η流星群が見頃。
7月4日暁  月と火星と水星が集合
7月下旬 木星・土星が見頃(観望時間内で)
7月17日未明 半影月食(月没帯)
7月28日未明 ヒヤデス星団食
8月7日 伝統的七夕
8月13日 ペルセウス座流星群が極大(月明かり有)
9月13日 中秋の名月(十五夜)
9月14日 最遠の満月(ミニマムムーン)
10月11日 十三夜(栗名月)
10月22日未明 オリオン座流星群が見頃
11月28日夕 月と木星・金星が集合
12月 4日夕 月面X
12月15日 ふたご座流星群が極大(月明かり有)
12月26日午後~日没 部分日食
12月下旬 ブランパン彗星が見頃(5等級)

2020年
1月11日未明 半影月食
2月 1日 20h半 月面X
4月 4日 金星がすばるをかすめる
4月 8日 最近の満月(スーパームーン)

★肉眼でも楽しめる現象がほとんどですが、双眼鏡や望遠鏡があればより楽しめます。
★カメラマークは、バルブや星空モードがあるカメラで初心者でも撮りやすい現象です。コンデジでも撮れる現象も。
★日食は、観察用の日食グラスなどが必要。撮影には太陽専用の減光フィルターが必要。
●満月や月食、月面Xは望遠ズームがあればで写せます。



◆鹿角平天文台のイベント
※4/1現在の予定です。正式日程はブログで発表します。

北山輝泰先生の星景写真ワークショップ(※有料。宿泊費込み。定員10名)
初心者向けの星景撮影講座。
第1回:7/26(金)~27(土)1泊2日終了
第2回:8/31(土)~9/1(日)1泊2日満席
第3回:11/2(土)~4(月)2泊3日
※受付開始日・料金は役場HP・天文台ブログで発表。

インストラクター養成講座/空を見上げて夜空を楽しむ講習会(申し込みが必要です。参加費無料。定員10名)
講座終了後も機材がなくても星空を見てもらえるように、自分で探して見るのに重点をおいた講座です。

普段の生活では、前や下を向くことがあっても上を向くことは皆無ではないでしょうか? 
星空を眺めて、ちょっとブレイク! 天文の知識が無くても、星空への興味があれば大丈夫。星のことを知ってから夜空を見上げれば、ひとつひとつの輝きがいつもと違って見えます!

第1回 7月7日(日)19時~ 「七夕はいつ?」
第2回 9月13日(金)19時~ 「中秋の名月。月の中に見えるのは?」 残席3
第3回 10月22日(火)19時~ 「肉眼で探す最遠の星+星雲星団+オリオン座流星群」

※すべての講座に参加できなくても大丈夫です(単一参加も可能です)
※雨天曇天は座学だけになります。
 全講座が雨天曇天で実習ができなかった場合の予備日は11月18日(月)「肉眼で探す最遠の星+星雲星団+流星群」

※受付開始日は役場HP・天文台ブログで発表。

鹿角平★星空とロマンとの出会い2019
(申し込み不要のフリー観望会)
GW さめかわ春まつり観望会
5月3~5日 19時半~21時 雨天曇天中止。
「春の銀河と二重星」

お盆休み観望会 8月11~12日 19時半~21時 雨天曇天中止。
「夏の惑星と月」
※この時期の薄明終了は20時頃。当日は明るい天体があるので薄明中の開始ですが、月のない夜に予約観望される方は夏休み期間は20時頃にした方が賢明です。空が明るすぎて星がよく見えません。

がんばろう福島ラリー鹿角平SS会場ブース(11月3日
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック