天文&星空年鑑 2020年版

画像

来年の年鑑がでそろって、天文台用に星空年鑑(デスプレーで見れるからが一番の購入理由)と自分用の藤井旭の天文年鑑(このくらいの情報量で個人的には十分なので・・・)を購入。


ざっと見ると来年の一番の見ものは火星だろうか?
今シーズンをのがすと、次回、2022年の中接近は20"を越えない12月の接近になる。条件の良い接近は13~15年後の2033年の中接近か2035年の大接近までない・・・年齢的に見れない可能性も(^^;

逃せないのが12月の木星と土星の超接近(6.1')だろう。冬の低空でどこまで条件よく見れるかわからないけど、前後5日は0.5°内で月の視直径ほどの接近をキープしてるので期待したい。ちなみに次回の木星と土星の接近は2040年。惑星同士の超接近は2022年4月28日の金星と海王星(0゚01')と見た目はかなり地味。来年1月28日も4.1'までの超接近があるけど話題にもなってない(^^;

ついでに部分日食も2030年(北海道金環日食)までおこらない。※23年(インドネシア皆既日食)にもあるけど沖縄など一部地域。



二大流星群はペルセが下弦だけど ふたごは好条件。しぶんぎは極大が昼間。観望会シーズンの夏休み期間中は土星と木星が見頃だ。ついでに7月24日~8月9日のオリンピック期間は訪台者数がどうなるか読めない。

藤井 旭の天文年鑑 2020年版: スターウォッチング完全ガイド
藤井 旭の天文年鑑 2020年版: スターウォッチング完全ガイド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント