令和3年度の主な天文現象(2021.4~22.3)

画像

4/17 宵空で火星と月が接近
4/19 月面X(21時頃)
5/17 水星が夕空で今年一番見やすい。
   (5/13-14は月も接近。低空の金星と合わせてみたい)
5/26 スーパームーン皆既月食(月出帯食)食の最大/20h18m 最近の満月(20h14m)
部分食の開始 18h44.6m (鹿角平では稜線下)
皆既の開始 20h09.4m  食の最大 20h18.7m 皆既の終了 20h28.0m
部分食の終了 21h52.8m
6/12 夕空で月と金星が接近
6/17 月面X(21時半頃)
6/23~24 火星がプレセペ星団に侵入 (低空&ほぼ満月で難現象)

7/12 夕空で月と金星・火星が接近
   翌13日は金星と火星が大接近。
8/2 土星が衝(8月下旬~11月頃まで天文台で観望好期)
※衝は真夜中に南中しますが、観望会は21時頃までなので観望好期がづれます。
8/13未明 ペルセウス座流星群が極大
 月齢4.5で夜半に月明かりもなく13日4時頃極大と最良の条件
8/14 旧七夕
8/15  月面X(20時半頃)
8/20 木星が衝 (9月~11月頃まで天文台で観望好期)
   今年はガリレオ衛星の相互食シーズン。
※衝は真夜中に南中しますが、観望会は21時頃までなので観望好期がづれます。
9/7ごろ  変光星ミラが極大(8月末頃から)
9/21 中秋の名月
10/9未明 ジャコビニ流星群が極大
10/13 月面X(20時半頃)
10/18 十三夜
11上旬 おうし座流星群が見頃
11/8 金星食(昼間)夕暮れも注目!
鹿角平での潜入13:46:41~13:48:48潜入終了
     出現14:37:48~14:39:58
11/19 ほぼ皆既な部分月食(月出帯食)
部分食の開始 16h18.4m (鹿角平では稜線下)
月食の最大 18h02.9m 食分 0.978 部分食の終了 19h47.4m
12/3 火星食(昼間8:20:潜入始) 月齢28で難現象
12/7~9 夕暮れの惑星ショー
   (月が金星・土星・木星に順に接近)

12/8 金星最大光度
  (肉眼で昼間に見つけるチャンス)
12/11  月面X(22時半頃)
12/14・15 ふたご座流星群が見頃。
 14日16時極大。月齢10の月明かりあり。月没後の夜半過ぎに見頃。
12/19 最遠の満月(13h半/撮り比べ向き。比べるのに5/26の最近満月も撮ったり測ったりしておこう)
2022年
1/3 23hしぶんぎ座流星群極大(下弦あり)
1/9 金星が内合。以後明けの明星
2/9 金星最大光度
  (肉眼で昼間に見つけるチャンス)
3/10 月面X(日没の頃)
3/25頃~4/6頃 明け方 金星・火星・土星の集合
   3/28・29は月も加わる。

★肉眼でも楽しめる現象がほとんどですが、双眼鏡や望遠鏡があればより楽しめます。
★カメラマークはスマホやコンデジでも撮れる現象(薄明中に撮影がおすすめ)。
★小さいカメラマークはバルブがあるカメラで初心者でも撮りやすい現象です。
 キットレンズでも流星群や星空が写せます。満月や月食・月面Xは望遠レンズで写せます。

◆鹿角平天文台のイベント
 本年はコロナ禍ですべて未定です。観望会の予約受け付け再開も状況次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック